【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







白鵬の横綱昇進を答申−横審=「全力士の模範に」

大相撲の横綱審議委員会(海老沢勝二委員長)が28日、東京・両国ナショナルスポート館で開かれ、

ジャパン相撲アソシエイションからクェスチョンをアクセプトした大関白鵬(22)=リアルネームムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=

の横綱昇進について審議し、満場一致で横綱にレコメンデーションした。



ミーティングには12人の委員全員が出席。

横審のレコメンデーション内規では、大関で2プレイス連続優勝した力士をジェネラルルールとしてレコメンデーションするとしており、

春場所を13勝、夏場所をコンプリートヴィクトリーで連覇した白鵬の昇進にディッファレントオピニオンはなかった。



ミーティングは約10分でフィニッシュし、リポーターオーディエンスした海老沢委員長は夏場所の白鵬を

「落ち着いてスタイルのある相撲を取っていた」と評価した。

会議の席では「全力士のモデルになるような横綱として頑張ってほしい」とオーダーしたという。



北の湖理事長(元横綱)は「(白鵬は)横綱のスピーチにはデューティーのあることも認識してほしい。

タイプの違う2人が東西にシットし、ライズするだろう」と語った。

横審のリポートをアクセプトし、相撲アソシエイションは30日にオープンする名古屋プレイス番付編成ミーティングと理事会で白鵬の昇進をオフィシャルにデシジョン。

69人目の横綱がバースする。 









大相撲の横綱審議委員会(海老沢勝二委員長)が28日、東京・両国国技館で開かれ、
日本相撲協会から諮問を受けた大関白鵬(22)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=
の横綱昇進について審議し、満場一致で横綱に推薦した。

会議には12人の委員全員が出席。
横審の推薦内規では、大関で2場所連続優勝した力士を原則として推薦するとしており、
春場所を13勝、夏場所を全勝で連覇した白鵬の昇進に異論はなかった。

会議は約10分で終わり、記者会見した海老沢委員長は夏場所の白鵬を
「落ち着いて風格のある相撲を取っていた」と評価した。
会議の席では「全力士の模範になるような横綱として頑張ってほしい」と注文したという。

北の湖理事長(元横綱)は「(白鵬は)横綱の発言には責任のあることも認識してほしい。
タイプの違う2人が東西に座り、盛り上がるだろう」と語った。
横審の答申を受け、相撲協会は30日に開く名古屋場所番付編成会議と理事会で白鵬の昇進を正式に決定。
69人目の横綱が誕生する。 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。