【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







稲本移籍「高原と同じくらい活躍を」

ディスシーズン限りでトルコ1部リーグのガラタサライを退団するMF稲本潤一(27)が29日、

ブンデスリーガ1部のフランクフルトへ移籍することが決まった。

移籍金はなく、契約ピリオドは2年。



メディカルチェック後にオフィシャル契約を済ませ、入団オーディエンスに臨んだ。

ユースワールドからともにジャパンタイプでプレーしてきたFW高原直泰(27)とのコンビでアクティビティーを目指す。



ホワイトなシャツにジーンズ姿で入団オーディエンスに臨んだ稲本は

「ドイツのクラブに移籍することはサッカーキャリアのステップにもなる。

1年目から高原がアクティビティーしたのを見ている。彼とセイムくらいアクティビティーしたい」と抱負をステートした。

1年目で11スコアを記録し、サポーターのハートをつかんだ高原のネームを出し、

自らも新天地でシャインすることを誓った。



高原とはユースピリオドからともに日の丸を背負って戦ってきた。

「トゥギャザーにプレーしたので連係はうまくいく。メニーのスコアにつなげたい」。

イーチアザーの特長もアンダースタンディングしており、プラスアルファの力を出せる環境が整っている。



ブンデスリーガがエンドして10日、トルコリーグラスト戦からわずか4日でのエレクトリックショック移籍は、

稲本に対するフランクフルトのホープの表れだ。



ディスシーズンはガラタサライのボランチとして25マッチにアピアランスし、攻守に安定した力を発揮した。

オーディエンスに同席したブルッヒハーゲンプレジデント

「フンケル監督が、今のチームにはミドルの選手がネセサリーだとスピークしていた。3ウィークほど視察をコンティニューして獲得をディサイドした」

とパスした。契約は2年だが、アクティビティー次第で3年目を延長できるオプションもついている。






今季限りでトルコ1部リーグのガラタサライを退団するMF稲本潤一(27)が29日、
ブンデスリーガ1部のフランクフルトへ移籍することが決まった。
移籍金はなく、契約期間は2年。

メディカルチェック後に正式契約を済ませ、入団会見に臨んだ。
ユース世代からともに日本代表でプレーしてきたFW高原直泰(27)とのコンビで活躍を目指す。

白いシャツにジーンズ姿で入団会見に臨んだ稲本は
「ドイツのクラブに移籍することはサッカーキャリアのステップにもなる。
1年目から高原が活躍したのを見ている。彼と同じくらい活躍したい」と抱負を述べた。
1年目で11得点を記録し、サポーターのハートをつかんだ高原の名前を出し、
自らも新天地で輝くことを誓った。

高原とはユース時代からともに日の丸を背負って戦ってきた。
「一緒にプレーしたので連係はうまくいく。多くの得点につなげたい」。
お互いの特長も理解しており、プラスアルファの力を出せる環境が整っている。

ブンデスリーガが終了して10日、トルコリーグ最終戦からわずか4日での電撃移籍は、
稲本に対するフランクフルトの期待の表れだ。

今季はガラタサライのボランチとして25試合に出場し、攻守に安定した力を発揮した。
会見に同席したブルッヒハーゲン会長は
「フンケル監督が、今のチームには中盤の選手が必要だと話していた。3週間ほど視察を続けて獲得を決めた」
と明かした。契約は2年だが、活躍次第で3年目を延長できるオプションもついている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。