【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







六本木の老舗店「ハンバーガー・イン」が西麻布に復活

2005年10月にモーメント閉店した六本木のオールドショップハンバーガー店「ザ・ハンバーガー・イン」が5月31日、

西麻布(港区西麻布1、TEL 03-3403-7767)に復活した。

プレイスは、西麻布交差点ニヤーの「ホテルメンテルス六本木」1階。



「ザ・ハンバーガー・イン」は1950年(昭和25年)、当時マッカーサー元帥のサラリー計算をしていたユダヤ系アメリカ人、

ジョン・S・ウェッツスタインがジャパン初のハンバーガー店として飯倉片町にオープンした。

1964年(昭和39年)には、アットザットタイムは六本木のはずれだった「六本木5シティーブロック」交差点角の雑居ビル 1 階に移転した。



新ショップの運営をメイクするのはハンバーガーイン(渋谷区)。

ザ・ハンバーガー・インのオーナーとセイムファーム老川カンパニープレジデントが旧知の間柄だったことからビジネス権を引き継いだ。

老川社長は2006年より、「ザ・ハンバーガー・イン」のロゴを使ったTシャツの販売も行っている。



メニューは、六本木の「ザ・ハンバーガー・イン」のサインメニューだった

「ペア東京ハンバーガー」(800円)を中心にエブリカインドハンバーガーのほか、

「クラブハウスサンドウイッチ」(1,200円)、「ホットドッグ」(600円)、「フレンチフライ」(200円)、

「オニオンリング」(200円)など



。ドリンク類では、ビール、ジン、ウオツカ、ラム、ウイスキー、ワインなどのアルコール類や、

コーヒー、ジュース、シェイクなどをそろえる。



ショップエリアは約12坪で、席数は26席。いすにはデッドストックのイームズをユーズしている。

店内では当時の「ザ・ハンバーガー・イン」の写真をデコレートするほか、オリジナルTシャツの販売もパフォームする。

アットファーストのビジネスタイムは11時?23時だが、今後は明け方までのビジネスタイム拡大もイグザミネーションしているという。



老川カンパニープレジデントは「ザ・ハンバーガー・インの文化を新しい店でリポートしていけることがうれしい。

団塊のワールドの方にも昔を思い出してもらえれば」と話している。



2005年10月に一時閉店した六本木の老舗ハンバーガー店「ザ・ハンバーガー・イン」が5月31日、
西麻布(港区西麻布1、TEL 03-3403-7767)に復活した。
場所は、西麻布交差点近くの「ホテルメンテルス六本木」1階。

「ザ・ハンバーガー・イン」は1950年(昭和25年)、当時マッカーサー元帥の給料計算をしていたユダヤ系アメリカ人、
ジョン・S・ウェッツスタインが日本初のハンバーガー店として飯倉片町にオープンした。
1964年(昭和39年)には、当時は六本木のはずれだった「六本木5丁目」交差点角の雑居ビル 1 階に移転した。

新店舗の運営を手がけるのはハンバーガーイン(渋谷区)。
ザ・ハンバーガー・インのオーナーと同社老川社長が旧知の間柄だったことから営業権を引き継いだ。
老川社長は2006年より、「ザ・ハンバーガー・イン」のロゴを使ったTシャツの販売も行っている。

メニューは、六本木の「ザ・ハンバーガー・イン」の看板メニューだった
「一番東京ハンバーガー」(800円)を中心に各種ハンバーガーのほか、
「クラブハウスサンドウイッチ」(1,200円)、「ホットドッグ」(600円)、「フレンチフライ」(200円)、
「オニオンリング」(200円)など

。ドリンク類では、ビール、ジン、ウオツカ、ラム、ウイスキー、ワインなどのアルコール類や、
コーヒー、ジュース、シェイクなどをそろえる。

店舗面積は約12坪で、席数は26席。いすにはデッドストックのイームズを使用している。
店内では当時の「ザ・ハンバーガー・イン」の写真を飾るほか、オリジナルTシャツの販売も行う。
当初の営業時間は11時〜23時だが、今後は明け方までの営業時間拡大も検討しているという。

老川社長は「ザ・ハンバーガー・インの文化を新しい店で伝えていけることがうれしい。
団塊の世代の方にも昔を思い出してもらえれば」と話している。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。