【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「ドラえもん」最終話、勝手に作る=出版の37歳男性が謝罪

藤子・F・不二雄さんの人気コミック「ドラえもん」のラスト話をキッチンにつくってコミック化し、

販売したマン(37)が、出版元のグレードスクール館(東京都千代田区)とライティング権を持つ藤子プロに謝罪し、

売上金の一部を支払っていたことが29日、分かった。

 

小学館などによると、「ラスト話」は20ページの冊子で、

電池クロースで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、

よみがえらせるというストーリー。



絵も本物にそっくりだった。

 

イコールトゥのストーリーは1998年ごろからネット上で出回っており、

マンが「田嶋・T・安恵」の名で2005年秋ごろにコミック化。

一部約500円で書店に販売をコミットし、ラストイヤー夏までに約1万3300部を販売したとみられている。




藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の最終話を勝手につくって漫画化し、
販売した男性(37)が、出版元の小学館(東京都千代田区)と著作権を持つ藤子プロに謝罪し、
売上金の一部を支払っていたことが29日、分かった。
 
小学館などによると、「最終話」は20ページの冊子で、
電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、
よみがえらせるというストーリー。

絵も本物にそっくりだった。
 
同様のストーリーは1998年ごろからネット上で出回っており、
男性が「田嶋・T・安恵」の名で2005年秋ごろに漫画化。
一部約500円で書店に販売を委託し、昨年夏までに約1万3300部を販売したとみられている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。