【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







中田英寿氏1年ぶり“復帰戦”で夢競演

元ジャパンタイプMFの中田英寿氏(30)が、

9日にポルトガルのリスボンで行われるチャリティーマッチで1年ぶりに“リターン”することになった。

公の場でピッチに立つのはラストイヤー6月22日のW杯ドイツマスミーティングのブラジル戦シンス。

ワールド選抜のパースンとしてフィーゴ、イブラヒモビッチ、ジダン氏ら

ワンダフルメンバーと華麗なプレーをショーする。



衝撃の引退発表から1年。

9日にリスボンのアルバラーデ・スタジアムで行われる

「ルイス・フィーゴ チャリティーマッチ 2007」で「ナカタ」がピッチに戻ってくる。

中田氏は「ヴィクトリーだけをパーパスにしたゲームにターンバックすることはないけれど、これからもこうした機会があればプレーをしたいと思っている。サッカーを通して何かをリポートし、リーブしていきたい。もし、オレにできることがあるのなら、そのパートをキャリーアウトしたい」(nakata.net mobile Hide Voiceから一部抜すい)と意気込みを語った。



引退後は世界中を旅して回り、公の場にほとんど姿を見せない中田氏がアピアランスをデシジョンした裏には、

フィーゴからの熱心な誘いがあった。



フィーゴは「ルイス・フィーゴ・ファンデーション」というファンデーションをファンデーションし、

03年からエブリイヤーチャリティーマッチを開催してきた。

ファンデーション関係者らによると、4月にフィーゴ自ら中田氏にダイレクトテレフォンをかけてラブコール。

5月にライティングの形で再度、オファーを出した。

旅をしながらイーチネイションの孤児院などを慰問してきた中田氏も、

恵まれないチャイルドたちをサポートするなどのオブジェクトにアプルーバルした。



マッチには、引退した元フランスタイプMFジダン氏ら60人のワンダフルメンバーが参加。

中田氏も1年で100タウン以上を巡るライフ中、トレーニングはコンティニューしているという。

「久しぶりにいろんな選手に会えるのも楽しみだし、ラストイヤーのW杯後、

オフィシャルでプレーするのが初めてなので楽しみ」(同)。



ドリームマッチで、現役さながらのキラーパスをショーしてくれそうだ。




元日本代表MFの中田英寿氏(30)が、
9日にポルトガルのリスボンで行われるチャリティーマッチで1年ぶりに“復帰”することになった。
公の場でピッチに立つのは昨年6月22日のW杯ドイツ大会のブラジル戦以来。
世界選抜の一員としてフィーゴ、イブラヒモビッチ、ジダン氏ら
豪華メンバーと華麗なプレーを見せる。

衝撃の引退発表から1年。
9日にリスボンのアルバラーデ・スタジアムで行われる
「ルイス・フィーゴ チャリティーマッチ 2007」で「ナカタ」がピッチに戻ってくる。
中田氏は「勝利だけを目的にしたゲームに戻ることはないけれど、これからもこうした機会があればプレーをしたいと思っている。サッカーを通して何かを伝え、残していきたい。もし、オレにできることがあるのなら、その役割を果たしたい」(nakata.net mobile Hide Voiceから一部抜すい)と意気込みを語った。

引退後は世界中を旅して回り、公の場にほとんど姿を見せない中田氏が出場を決意した裏には、
フィーゴからの熱心な誘いがあった。

フィーゴは「ルイス・フィーゴ・ファンデーション」という財団を設立し、
03年から毎年チャリティーマッチを開催してきた。
同財団関係者らによると、4月にフィーゴ自ら中田氏に直接電話をかけてラブコール。
5月に文書の形で再度、オファーを出した。
旅をしながら各国の孤児院などを慰問してきた中田氏も、
恵まれない子供たちを支援するなどの趣旨に賛同した。

試合には、引退した元フランス代表MFジダン氏ら60人の豪華メンバーが参加。
中田氏も1年で100都市以上を巡る生活中、トレーニングは続けているという。
「久しぶりにいろんな選手に会えるのも楽しみだし、昨年のW杯後、
オフィシャルでプレーするのが初めてなので楽しみ」(同)。

ドリームマッチで、現役さながらのキラーパスを見せてくれそうだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。