【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







ベッカム、Rマドリードの慰留“蹴った”…7月移籍変更なし

スペインリーグ・Rマドリードが、

ネクストシーズンから米MLS・LAギャラクシーへの移籍が決まっている

イングランドタイプMFデビッド・ベッカム(32)を慰留していることがクリアーになった。



ラモン・カルデロンプレジデント(56)が残留させたいアイディアを10日にパスし、

11日にベッカム側と交渉したが、ベッカム側は「計画にチェンジはない」とつれないマナー。

今さら慰留されてもレイトいっつーの!!



レアルとバルサが同ウィン点でラインアップし、

し烈なVコンフリクトとなっているスペインリーグは17日がラスト節。

ベッカムがレアルでの“有終の美”を飾れるかノーティスされるが、その前に意外なアクティビティーが判明した。



「ベッカムは偉大な選手であることをショーした。彼がリメインするためにできる限りのことをする」。

レアルのカルデロンプレジデントが10日、こうパスした。

ベッカムとレアルの契約は6月30日までだが、MLSのディスシーズンは4月に開幕しており、

ギャラクシー側はすぐにでも渡米してほしい状況。今になって「残留して」とはサプライズだ。



ベッカムは1月、ディスシーズン限りで契約が切れるレアルと契約延長せず、

ギャラクシーと総額1億2800万ポンド(約307億円)で5年契約を締結。

するとカペッロ監督にベンチから外され、

カルデロンプレジデントには「彼はムービースターになるためにハリウッドへ行くのだろう」などとコメントされた。








スペインリーグ・Rマドリードが、
来季から米MLS・LAギャラクシーへの移籍が決まっている
イングランド代表MFデビッド・ベッカム(32)を慰留していることが明らかになった。

ラモン・カルデロン会長(56)が残留させたい意向を10日に明かし、
11日にベッカム側と交渉したが、ベッカム側は「計画に変更はない」とつれない態度。
今さら慰留されても遅いっつーの!!

レアルとバルサが同勝ち点で並び、
し烈なV争いとなっているスペインリーグは17日が最終節。
ベッカムがレアルでの“有終の美”を飾れるか注目されるが、その前に意外な動きが判明した。

「ベッカムは偉大な選手であることを示した。彼が残るためにできる限りのことをする」。
レアルのカルデロン会長が10日、こう明かした。
ベッカムとレアルの契約は6月30日までだが、MLSの今季は4月に開幕しており、
ギャラクシー側はすぐにでも渡米してほしい状況。今になって「残留して」とは驚きだ。

ベッカムは1月、今季限りで契約が切れるレアルと契約延長せず、
ギャラクシーと総額1億2800万ポンド(約307億円)で5年契約を締結。
するとカペッロ監督にベンチから外され、
カルデロン会長には「彼は映画スターになるためにハリウッドへ行くのだろう」などと批判された。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。