【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







松坂、7回無失点で8勝目 ボンズも封じる

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手は16日(ジャパンタイム17日)、

ベースフェンウェイ・パークで行われたジャイアンツ戦に先発、7回無失点、8奪ストライクアウトの力投で8勝目(5敗)を挙げた。

岡島秀樹投手は、松坂の後をアクセプトして8回に登板。1回を無失点にコントロールした。



松坂は1、2回とスコア圏に走者を背負ったが、これをゲットオーバーすると、徐々にキーをギブし、ミドルはストライクアウトの山を築いた。

6回に2死満塁とマキシマムのピンチを迎えたが、オーリリアをミスしストライクアウトにブリングダウンした。



メジャーのトータル本塁打記録にドローニヤーするボンズとのノーティスの対戦では、

敬遠四球、センターフライ、ショートゴロと、無セーフヒットに封じた。

また岡島も、無死一、セカンドベースのピンチでボンズから見逃しストライクアウトを奪った。



試合は投手戦となったが、レッドソックスが4回にラミレスのソロホームランで挙げた1点を、

松坂?岡島?パペルボンのリレーでプロテクトし切った。




米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手は16日(日本時間17日)、
本拠地フェンウェイ・パークで行われたジャイアンツ戦に先発、7回無失点、8奪三振の力投で8勝目(5敗)を挙げた。
岡島秀樹投手は、松坂の後を受けて8回に登板。1回を無失点に抑えた。

松坂は1、2回と得点圏に走者を背負ったが、これを切り抜けると、徐々に調子を上げ、中盤は三振の山を築いた。
6回に2死満塁と最大のピンチを迎えたが、オーリリアを見逃し三振に仕留めた。

メジャーの通算本塁打記録に迫るボンズとの注目の対戦では、
敬遠四球、センターフライ、ショートゴロと、無安打に封じた。
また岡島も、無死一、二塁のピンチでボンズから見逃し三振を奪った。

試合は投手戦となったが、レッドソックスが4回にラミレスのソロ本塁打で挙げた1点を、
松坂−岡島−パペルボンのリレーで守り切った。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。