【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







早大・斎藤佑「最高です」=全日本大学野球選手権

第56回全日本大学野球チャンピオン決勝・早大vs.東海大に先発し、

6回途中7セーフヒットをシャワーしながらも1失点にコントロールした早大・斎藤佑樹投手(1年・早実高)。

早大入学後、春のリーグ戦でもエクスペリエンスのなかった連投となったが、

早実高でホールカントリー制覇をフィニッシュしたラストイヤー夏から続く“不敗神話”にギャンブルしたという早大・応武監督のホープに十分アンサーするピッチングだった。

 

以下は早大を33年ぶり日本一に導いた、斎藤佑のコメント



(リーグ戦優勝と日本一、2度の胴上げに)何ていうか……思ってもみないことだったので、モーストです。

(初の連投になったが)リーグ戦とセイムように、初回からマイセルフの力を出し切って、エルダーにつないでいくことを意識して投げました。

(6回オンザウェイ1失点のリザルトに)今のマイセルフには、このフォースが最高なのかなとシンクします。

またこれからさらに4イヤーあるので、これから成長していければとシンクします。

(入学2カ月で早慶戦登板、リーグ優勝、ベストナイン受賞、そして全日本チャンピオン優勝をエクスペリエンスしたが)その分、

マイセルフにかかるプレッシャーはビッグとシンクするんですが、

(高校3年の)夏からヘルプしてくれた方々とともに4イヤー成長していきたいとシンクします。




第56回全日本大学野球選手権決勝・早大vs.東海大に先発し、
6回途中7安打を浴びながらも1失点に抑えた早大・斎藤佑樹投手(1年・早実高)。
早大入学後、春のリーグ戦でも経験のなかった連投となったが、
早実高で全国制覇を成し遂げた昨年夏から続く“不敗神話”に賭けたという早大・応武監督の期待に十分応えるピッチングだった。
 
以下は早大を33年ぶり日本一に導いた、斎藤佑のコメント

(リーグ戦優勝と日本一、2度の胴上げに)何ていうか……思ってもみないことだったので、最高です。
(初の連投になったが)リーグ戦と同じように、初回から自分の力を出し切って、先輩につないでいくことを意識して投げました。
(6回途中1失点の結果に)今の自分には、この実力が最高なのかなと思います。
またこれからさらに4年間あるので、これから成長していければと思います。
(入学2カ月で早慶戦登板、リーグ優勝、ベストナイン受賞、そして全日本選手権優勝を経験したが)その分、
自分にかかるプレッシャーは大きいと思うんですが、
(高校3年の)夏から応援してくれた方々とともに4年間成長していきたいと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。