【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







岡島モテモテ…面会券がオークションで67万円!

15試合連続無失点をコンティニューしているレッドソックス、

岡島秀樹投手との面会券インプレッションフェンウエイパーク観戦ペアチケットが15日、

球団チャリティーオークションにかけられ、5500ドル(約67万円)で落札された。

ディフェンス率0.79の岡島のボストンでの存在感はライズするばかりだ。



デイビフォーのデーゲーム後、同球場内ではファンがフィールド内でピクニックをするイベントが行われ、

そのサイドショーとして実施されたのが同オークション。

Rソックスのチャリーティーイベントは、大リーグ各チームの中でもマキシマム級で、サブジェクトもユニークで、

17日にはエプスタインGMとESPN有名キャスターのガマンズ氏による

球場内ギターライブコンサートもプログラムされているほどだ。

球団は関連アソシエイションを通じて、過去5イヤーで1900万ドル(約23億円)を内外の関係アソシエイションに寄付し、

奨学金、スポーツ振興金などに使われている。



同オークションでの商品もバラエティーに富んでいる。

『ウエークフィールド投手、ティムリン投手と行くフロリダハンティングツアー券』

『シリング投手ファミリーとパスするディナー券』『ペドロイア二塁手とファイトするTVゲームプレー券』

『球団トレーナーによるマッサージ券』など。

ファン垂涎のサービス商品が競売にかけられ、大盛況となった。



『岡島選手のグリーティング(グリーティング)インプレッション観戦ペアチケット』は岡島夫妻からその一環としてファンに供出された。

同ペアチケット落札者(未公表)は観戦にヴィジットした際、岡島と握手やサインなどのひとときをパスすることができるが、

イマジネーション以上の高値となった。



スタンドからの岡島コールもビッグになり、パースンヒムセルフは「マウンドに上がればあまり聞いてないんですよ」とスピークしているが、

最近1カ月ほどでサインオブライフはサドンライズ。

松坂大輔投手イコールトゥに、岡島の背番号オーディエンスTシャツを身につけるファンもスタンドアウトするようになっている。



実は松坂夫妻からもイコールトゥの観戦ペアチケットがチャリティーとしてオークションにかけられているが、

こちらはラストナイトのウェザーのコンディションなどから競売は関連アソシエイション『レッドソックス・ファンデーション』のインターネット上で行われることに。

岡島イコールトゥにハイプライスになりそうだ。



松坂は16日、ライトなキャッチボールなどで練習をエンド。

オーバーワークをウォーリィするファレル投手コーチが付きっきりでのプラクティス。

実戦投球プラクティスを再開したシリング(フォールト者リスト入り中)の投球プラクティスなどを観戦するなど、

ややペースをドロップして19日のホワイトソックス戦先発にポイントして調整を行っていた。










15試合連続無失点を続けているレッドソックス、
岡島秀樹投手との面会券付きフェンウエイパーク観戦ペアチケットが15日、
球団チャリティーオークションにかけられ、5500ドル(約67万円)で落札された。
防御率0.79の岡島のボストンでの存在感は高まるばかりだ。

前日のデーゲーム後、同球場内ではファンがフィールド内でピクニックをするイベントが行われ、
その余興として実施されたのが同オークション。
Rソックスのチャリーティーイベントは、大リーグ各チームの中でも最大級で、内容もユニークで、
17日にはエプスタインGMとESPN有名キャスターのガマンズ氏による
球場内ギターライブコンサートも予定されているほどだ。
球団は関連団体を通じて、過去5年間で1900万ドル(約23億円)を内外の関係団体に寄付し、
奨学金、スポーツ振興金などに使われている。

同オークションでの商品もバラエティーに富んでいる。
『ウエークフィールド投手、ティムリン投手と行くフロリダハンティングツアー券』
『シリング投手家族と過ごすディナー券』『ペドロイア二塁手と戦うTVゲームプレー券』
『球団トレーナーによるマッサージ券』など。
ファン垂涎のサービス商品が競売にかけられ、大盛況となった。

『岡島選手のグリーティング(挨拶)付き観戦ペアチケット』は岡島夫妻からその一環としてファンに供出された。
同ペアチケット落札者(未公表)は観戦に訪れた際、岡島と握手やサインなどのひとときを過ごすことができるが、
想像以上の高値となった。

スタンドからの岡島コールも大きくなり、本人は「マウンドに上がればあまり聞いてないんですよ」と話しているが、
最近1カ月ほどで人気は急上昇。
松坂大輔投手同様に、岡島の背番号入りTシャツを身につけるファンも目立つようになっている。

実は松坂夫妻からも同様の観戦ペアチケットがチャリティーとしてオークションにかけられているが、
こちらは前夜の天候の都合などから競売は関連団体『レッドソックス・ファンデーション』のインターネット上で行われることに。
岡島同様に高値になりそうだ。

松坂は16日、軽いキャッチボールなどで練習を終了。
オーバーワークを心配するファレル投手コーチが付きっきりでの練習。
実戦投球練習を再開したシリング(故障者リスト入り中)の投球練習などを観戦するなど、
ややペースを落として19日のホワイトソックス戦先発に向けて調整を行っていた。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。