【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







[参院選]大阪選挙区の自民現職が赤城農相の辞任要請

赤城徳彦農相の政治アソシエイションが農相のホームを主なオフィスにしながら多額の経常コストを計上していたプロブレムで、

参院選大阪選挙区の自民プレゼントポスト、マウンテンストリーム秀善氏(73)は17日の個人演説会で、

安倍晋三首相に赤城農相を辞めさせるようクレイムしたことをクリアーにした。

自民へのヘッドウィンドに谷川キャンプはクライシス感を強めており、赤城農相への不満がアウトサイド化した形だ。



プライベートパースンスピーチ会でマウンテンストリーム氏は、安倍首相が14日に同選挙区で遊説した際、

「もう赤城さんアーリーなこと辞めさせてもらわな、選挙にならんで」とリポートしたことをパスした。

さらに「これ辞めてくれなんだら、選挙ルーズするがな。やっぱり政治家は出処進退しっかりせないかん」

と強調した。



また、17日モーニングの閣議後オーディエンスで、顔にガーゼを張って登場した赤城農相が

グレートことありません」とリピートし、リーズンを答えなかったことについても

「どうなっとるんですか。おかしいでしょ。やっぱり政治家というのはパブリックキャラクターですよ。エブリバディ方からプレシャスな1票をいただいて、

タイプとして出していただいている。しっかり説明せなあかんわな」と批判した。



オフィス費プロブレムでは、同選挙区の公明プレゼントポスト、白浜一良氏(60)も7日、

党のミーティングで「オフィスの借り上げ賃はせいぜい(月額)10万?20万円。何ベリィメニーもなるわけがなく、いろいろなコストをそこに突っ込んでいる」

ステートし、小沢一郎民主党タイプや松岡利勝前農相、赤城農相のネームを挙げてコメントしている







赤城徳彦農相の政治団体が農相の実家を主な事務所にしながら多額の経常経費を計上していた問題で、
参院選大阪選挙区の自民現職、谷川秀善氏(73)は17日の個人演説会で、
安倍晋三首相に赤城農相を辞めさせるよう要請したことを明らかにした。
自民への逆風に谷川陣営は危機感を強めており、赤城農相への不満が表面化した形だ。

個人演説会で谷川氏は、安倍首相が14日に同選挙区で遊説した際、
「もう赤城さん早いこと辞めさせてもらわな、選挙にならんで」と伝えたことを明かした。
さらに「これ辞めてくれなんだら、選挙負けるがな。やっぱり政治家は出処進退しっかりせないかん」
と強調した。

また、17日午前の閣議後会見で、顔にガーゼを張って登場した赤城農相が
「大したことありません」と繰り返し、理由を答えなかったことについても
「どうなっとるんですか。おかしいでしょ。やっぱり政治家というのは公人ですよ。皆さん方から貴重な1票をいただいて、
代表として出していただいている。しっかり説明せなあかんわな」と批判した。

事務所費問題では、同選挙区の公明現職、白浜一良氏(60)も7日、
党の集会で「事務所の借り上げ賃はせいぜい(月額)10万〜20万円。何千万もなるわけがなく、いろいろな経費をそこに突っ込んでいる」
と述べ、小沢一郎民主党代表や松岡利勝前農相、赤城農相の名前を挙げて批判している




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。