【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「再チャレンジ」公務員試験、152人枠に2万5千人応募

政府がディスイヤーからスタートした「国家公務員中途ユーズ者選考イグザミネーション(再チャレンジイグザミネーション)」のリクエスト者数が、

採用プログラム152人に対し2万5000人を超える大人気となった。



再チャレンジイグザミネーションは、大学や高校卒業者の就職内定率が低迷した1990エイジ以降のいわゆる「就職氷河期」に、

マイセルフの意にチェンジしてフリーターになった人たちに新たなチャレンジのチャンスを与える狙いから、

受験資格を4月1日カレントで29歳?39歳の人に限った。



ディフィカルティ度は高卒者をマインドにおいたステート公務員3種試験と同ディグリーで、

行政ビジネス、税務、刑務官、皇宮ガード官、入国ディフェンス官などの職種でユーズをプログラムしている。



9月にスタディーサブジェクトイグザミネーションをパフォームし、サクセス者をそれぞれの府省が面接した上で、11月にユーズ者をデシジョンする。








政府が今年度から始めた「国家公務員中途採用者選考試験(再チャレンジ試験)」の申込者数が、
採用予定152人に対し2万5000人を超える大人気となった。

再チャレンジ試験は、大学や高校卒業者の就職内定率が低迷した1990年代以降のいわゆる「就職氷河期」に、
自分の意に反してフリーターになった人たちに新たな挑戦の機会を与える狙いから、
受験資格を4月1日現在で29歳〜39歳の人に限った。

難易度は高卒者を念頭においた国家公務員3種試験と同程度で、
行政事務、税務、刑務官、皇宮護衛官、入国警備官などの職種で採用を予定している。

9月に学科試験を行い、合格者をそれぞれの府省が面接した上で、11月に採用者を決定する。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。