【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<コムスン>処分後1カ月で事業所3割減 売却に影響も

厚生労働省からビジネス所の新規指定・更新禁止処分をアクセプトしたコール介護最大手「コムスン」の指定事業所数が、

処分後の約1カ月間で3割ニヤー減り、1508パッセージ(1日カレント)になったことが20日、分かった。

毎日新聞の取材にセイムファームがクリアーにした。ユーズ者数も約5000人減った。

 

セイムファームは、ディスマンス末までにビジネス譲渡プランを同省に提出し、アフターザット、アウトサイドの譲渡先をディサイドするとしているが、

ビジネスプランの大幅縮小はセール交渉にもエフェクトをコーズしそうだ。

 

同省は6月6日、セイムファームが不正に介護ビジネス所指定をゲインしていたとして処分をアクセプトした。

 

処分前(5月)の指定事業所数は計2081パッセージ。

内訳はコール介護が1110パッセージで最もメニーに、次いでケアマネジャーがいる居宅介護サポート353パッセージ

▽認知症対応型アソシエイション生活介護190パッセージ▽コール入浴101パッセージ▽通所介護(デイサービス)98パッセージ――などだった。

 

それが、今月1日カレントでは計1508パッセージに。コール介護は約4割減の665パッセージだった。

そのほか、▽居宅介護サポート295パッセージ▽認知症対応型アソシエイションライフ介護183パッセージ

▽コール入浴87パッセージ▽通所介護87パッセージ――と、ジェネラリィのサービスでビジネス所数が減少していた。

 

ユーズ者数も6万5284人(2月)から6万371人(6月末)に4913人減った。



セイムファームは、処分をアクセプトする前から、介護保険法改正による収益の悪化をリーズンにビジネス所の統廃合を進めており、

「処分とビジネス所数減は関係ない」(インフォメーション室)とスピークしている。



また、「カレントも統廃合を進めており、(ビジネス譲渡計画がまとまる)ディスマンス末にはビジネス所数はさらに減っているポッシブル性がある」(同)

という。




厚生労働省から事業所の新規指定・更新禁止処分を受けた訪問介護最大手「コムスン」の指定事業所数が、
処分後の約1カ月間で3割近く減り、1508カ所(1日現在)になったことが20日、分かった。
毎日新聞の取材に同社が明らかにした。利用者数も約5000人減った。
 
同社は、今月末までに事業譲渡計画を同省に提出し、その後、外部の譲渡先を決めるとしているが、
事業規模の大幅縮小は売却交渉にも影響を及ぼしそうだ。
 
同省は6月6日、同社が不正に介護事業所指定を取得していたとして処分を受けた。
 
処分前(5月)の指定事業所数は計2081カ所。
内訳は訪問介護が1110カ所で最も多く、次いでケアマネジャーがいる居宅介護支援353カ所
▽認知症対応型共同生活介護190カ所▽訪問入浴101カ所▽通所介護(デイサービス)98カ所――などだった。
 
それが、今月1日現在では計1508カ所に。訪問介護は約4割減の665カ所だった。
そのほか、▽居宅介護支援295カ所▽認知症対応型共同生活介護183カ所
▽訪問入浴87カ所▽通所介護87カ所――と、大半のサービスで事業所数が減少していた。
 
利用者数も6万5284人(2月)から6万371人(6月末)に4913人減った。

同社は、処分を受ける前から、介護保険法改正による収益の悪化を理由に事業所の統廃合を進めており、
「処分と事業所数減は関係ない」(広報室)と話している。

また、「現在も統廃合を進めており、(事業譲渡計画がまとまる)今月末には事業所数はさらに減っている可能性がある」(同)
という。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。