【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







桑田に“残留要請”

パイレーツの桑田真澄投手(39)が、球団トップからネクストシーズンの残留を熱望された。

ライトアームは19日、地元ピッツバーグ郊外で行われた球団主催のチャリティーゴルフマスミーティングに参加。

同組で回ったパ軍のオーナーグループの1人、デニス・アダムス氏から

ネクストシーズンもぜひ、うちとサインしてインニードオブ。そしてまたトゥギャザーにゴルフをしよう」と熱烈なラブコールをアクセプトした。



思わぬ“残留クレイム”だった。クラブハウスには一番乗り。

流暢(りゅうちょう)な英語と周囲へのケアで場を和ませ、

カートに同乗したアダムス氏のファザー、ブルース・アダムス氏からペットネームの「ニコ」と呼ばれるほど溶け込んだ。

ゴルフでもグロス74で回り、プロ級のアビリティーを披露。瞬く間にオーナーらのお気に入りだ。



「久しぶりのゴルフだったのでファンだった。上出来ですよ」

オフで体を休めたいフィーリングはあるが、ファンサービスにも力を抜かない。

ここまで13マッチで0勝1敗、防御率6・60ながら、巧みな投球術への評価は高く、

ブルペン陣に“講義”をするほどの39歳。



その存在感はグラウンドの外でも際立った。




パイレーツの桑田真澄投手(39)が、球団トップから来季の残留を熱望された。
右腕は19日、地元ピッツバーグ郊外で行われた球団主催のチャリティーゴルフ大会に参加。
同組で回ったパ軍のオーナーグループの1人、デニス・アダムス氏から
「来季もぜひ、うちとサインして欲しい。そしてまた一緒にゴルフをしよう」と熱烈なラブコールを受けた。

思わぬ“残留要請”だった。クラブハウスには一番乗り。
流暢(りゅうちょう)な英語と周囲への気配りで場を和ませ、
カートに同乗したアダムス氏の父親、ブルース・アダムス氏から愛称の「ニコ」と呼ばれるほど溶け込んだ。
ゴルフでもグロス74で回り、プロ級の腕前を披露。瞬く間にオーナーらのお気に入りだ。

「久しぶりのゴルフだったので楽しかった。上出来ですよ」
オフで体を休めたい気持ちはあるが、ファンサービスにも力を抜かない。
ここまで13試合で0勝1敗、防御率6・60ながら、巧みな投球術への評価は高く、
ブルペン陣に“講義”をするほどの39歳。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。