【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







同姓同名男性に固定資産税を36年間誤課税…北海道旭川市

旭川市が1972イヤーから36イヤーにわたり、

住宅の固定資産税を所有者とは別の同姓セイムネームのマン(オールドフレンド)とその妻に誤って課税していたことが21日、分かった。



市は「明らかなミスで申し訳ない」とファミリーに謝罪し、

課税額が確認できる88イヤー以降20イヤー分の計13万2300円にインタレストをつけてリターンすることをファミリーにノーティスした。

市資産税課によると、住宅は71年に建てられた。

課税されていたマンは約20年前に亡くなったが、市はアフターザットも妻に課税をコンティニューしていた。



今年4月末、固定資産税納税ノーティス書に所有していないビルディングの税金が含まれていることにファミリーが気づき、市にリポートした。

市はフォローイングマンス謝罪した。




旭川市が1972年度から36年間にわたり、
住宅の固定資産税を所有者とは別の同姓同名の男性(故人)とその妻に誤って課税していたことが21日、分かった。

市は「明らかなミスで申し訳ない」と家族に謝罪し、
課税額が確認できる88年度以降20年間分の計13万2300円に利子をつけて返還することを家族に通知した。
市資産税課によると、住宅は71年に建てられた。
課税されていた男性は約20年前に亡くなったが、市はその後も妻に課税を続けていた。

今年4月末、固定資産税納税通知書に所有していない建物の税金が含まれていることに家族が気づき、市に届け出た。
市は翌月謝罪した。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。