【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







東電の今夏供給力は想定需要を超過、猛暑なら追加対策も

東京電力(9501)は20日、新潟県中越沖地震による柏崎刈羽原発停止に対応したディスサマーエレクトリックパワー供給オーダーを発表した。

これまでに413万キロワットの追加供給力にめどをつけ、ピーク時の8月に6214万キロワットの供給力を確保。



セイムマンスのマキシマムエレクトリックパワーを6110万キロワットと想定しており、セイムファームは「安定供給はポッシブル」と説明した。

ただ、猛暑になったケースは、一段の追加対策がネセサリーだとしている。



東電では、福島第一原発3号機で7月末から、同6号機で8月上旬からそれぞれ定期イグザミネーションにエンターするプログラムだったが、

柏崎刈羽原発の停止をアクセプトし、同3号機は8月マンスまで、同6号機は10月まで運転延期ができるよう、

国や地元自治体と調整に入った。



このほか、既存の火力発電所とウォーターパワー発電所で出力をグローする運転をパフォームし、

原発のイグザミネーション延期と併せて208万キロワットを追加。



このほか、他のエレクトリックパワーカンパニーからのヘルプ融通で135万キロワット、

メーカーなどのファクトリーに設置されたオウン発電の余剰分のバイで70万キロワットの合計413万キロワットを供給力にアッドする。



リポーターオーディエンスした勝俣恒久カンパニープレジデントは、「エレクトリックパワー需給の安定にホールエナジーを挙げてメイクエフォートする」と語った。

原子力に比べフューエルコストが高い石油、液化天然ガスによる火力発電のアクチュアルワーク増にブリングウィズするコスト増加分について、

同カンパニープレジデントは「現在、いくらと言えるグレードではない」としている。



ロングタイムピリオド停止した火力発電所の再アクチュアルワークは、数カ月以上を要するため、ディスタイムは見送った。

火力発電のアクチュアルワーク増にポイントしたフューエル調達について同カンパニープレジデントは「この夏場についてはできている」と説明した。




東京電力(9501)は20日、新潟県中越沖地震による柏崎刈羽原発停止に対応した今夏の電力供給体制を発表した。
これまでに413万キロワットの追加供給力にめどをつけ、ピーク時の8月に6214万キロワットの供給力を確保。

同月の最大電力を6110万キロワットと想定しており、同社は「安定供給は可能」と説明した。
ただ、猛暑になった場合は、一段の追加対策が必要だとしている。

東電では、福島第一原発3号機で7月末から、同6号機で8月上旬からそれぞれ定期検査に入る予定だったが、
柏崎刈羽原発の停止を受け、同3号機は8月下旬まで、同6号機は10月まで運転延期ができるよう、
国や地元自治体と調整に入った。

このほか、既存の火力発電所と水力発電所で出力を増す運転を行い、
原発の検査延期と併せて208万キロワットを追加。

このほか、他の電力会社からの応援融通で135万キロワット、
メーカーなどの工場に設置された自家発電の余剰分の購入で70万キロワットの合計413万キロワットを供給力に加える。

記者会見した勝俣恒久社長は、「電力需給の安定に全力を挙げて取り組む」と語った。
原子力に比べ燃料コストが高い石油、液化天然ガスによる火力発電の稼動増に伴うコスト増加分について、
同社長は「現在、いくらと言える段階ではない」としている。

長期停止した火力発電所の再稼動は、数カ月以上を要するため、今回は見送った。
火力発電の稼動増に向けた燃料調達について同社長は「この夏場についてはできている」と説明した。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。