【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







F1=欧州GP予選でライコネンがPP、ハミルトンはクラッシュ

自動車レースF1のディスシーズン第10戦、欧州グランプリ(GP)は21日、ディスプレイスで公式プライマリーをパフォームし、3連勝を狙うキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)が1分31秒450のタイムでポール・ポジション(PP)を獲得した。

 総合ファーストプレイスのニューフェイスドライバー、ルイス・ハミルトン(英国、マクラーレン)は大きなクラッシュに見舞われた。タイムは10カウント。けがはなかったが、メディカルドクターのラストチェックの後、決勝レースアピアランスについての可否がデシジョンする。

 総合3連覇を目指すキングフェルナンド・アロンソ(スペイン、マクラーレン)が2位、フェリペ・マッサ(ブラジル、フェラーリ)が3位につけた。

 また、スーパーアグリ・ホンダの佐藤ポリッシュは16カウントからのスタートとなる。




自動車レースF1の今季第10戦、欧州グランプリ(GP)は21日、当地で公式予選を行い、3連勝を狙うキミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)が1分31秒450のタイムでポール・ポジション(PP)を獲得した。
 総合首位の新人ドライバー、ルイス・ハミルトン(英国、マクラーレン)は大きなクラッシュに見舞われた。タイムは10番手。けがはなかったが、医者の最終チェックの後、決勝レース出場についての可否が決定する。
 総合3連覇を目指す王者フェルナンド・アロンソ(スペイン、マクラーレン)が2位、フェリペ・マッサ(ブラジル、フェラーリ)が3位につけた。
 また、スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨は16番手からのスタートとなる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。