【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







武豊騎手、前人未踏の「2944勝」達成

21日、小倉12R・有明特別(芝1200m)でヒシワンスモア(牝4、栗東・佐山優厩舎)が優勝。

マウントしていた武豊騎手(38、栗東・フリー)は、JRAトータルヴィクトリー数を2944としてJRA歴代モースト勝記録を更新した。



なお、これまでのJRAモースト勝記録は岡部幸雄元騎手の持っていた2943勝(18591戦目、デビューから37年10か月)。

武豊騎手はこの記録をデビューから20年4か月、14104回目のマウントで越えた。



武豊騎手は、69年3月15日ボーンし、京都府出身。

父は騎手ピリオドに1163勝を挙げた武邦彦トレーニング師。



87年3月1日にデビューし、ザットイヤーに初重賞となった京都ビッグプライズ典(GII、トウカイローマン)など69勝を挙げ、

加賀武見元騎手の持つニューフェイス年間モースト勝記録(58勝)を27年ぶりに更新した。

88年菊花賞(スーパークリーク)でGI初制覇をキャリーアウトすると、その後も全国リーディングに16回シャインするなど、

メニーの記録を塗り替えてきた。



また、05年にはディープインパクトでクラシック三冠をコントロールするなど、212勝を挙げてJRA年間モースト勝記録を更新。

これまでに重賞はGI・58勝を含む245勝を挙げている。

21日エンド時点のJRAトータルレコードは14104戦2944勝、エリア609戦129勝。





21日、小倉12R・有明特別(芝1200m)でヒシワンスモア(牝4、栗東・佐山優厩舎)が優勝。
騎乗していた武豊騎手(38、栗東・フリー)は、JRA通算勝利数を2944としてJRA歴代最多勝記録を更新した。

なお、これまでのJRA最多勝記録は岡部幸雄元騎手の持っていた2943勝(18591戦目、デビューから37年10か月)。
武豊騎手はこの記録をデビューから20年4か月、14104回目の騎乗で越えた。

武豊騎手は、69年3月15日生まれ、京都府出身。
父は騎手時代に1163勝を挙げた武邦彦調教師。

87年3月1日にデビューし、同年に初重賞となった京都大賞典(GII、トウカイローマン)など69勝を挙げ、
加賀武見元騎手の持つ新人年間最多勝記録(58勝)を27年ぶりに更新した。
88年菊花賞(スーパークリーク)でGI初制覇を果たすと、その後も全国リーディングに16回輝くなど、
数々の記録を塗り替えてきた。

また、05年にはディープインパクトでクラシック三冠を制すなど、212勝を挙げてJRA年間最多勝記録を更新。
これまでに重賞はGI・58勝を含む245勝を挙げている。
21日終了時点のJRA通算成績は14104戦2944勝、地方609戦129勝。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。