【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







IAEA査察、国に受け入れ要請へ=柏崎刈羽原発トラブルで新潟県

柏崎刈羽原発で起きたファイヤーなど相次いだトラブルをめぐり、

新潟県は22日にも、国に対し国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れるようライティングでクレイムする。

泉田裕彦知事がクリアーにした。

 

ライティングは内閣官房防災チャージ、文部サイエンス、ビジネスインダストリー、カントリートラフィックの4大臣あて。

政府は既に、IAEAのインベスティゲイション受け入れを当面見送るプランを示している。

 

これに対し、泉田知事は「ナショナル全体がピースオブマインドできなければ運転再開はあり得ない。

国際機関に評価していただくネセサリーがある」と政府の対応を批判。

「受け入れを留保すれば、何かおかしいことがあるんじゃないかと思われる」と指摘している。 



柏崎刈羽原発で起きた火災など相次いだトラブルをめぐり、
新潟県は22日にも、国に対し国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れるよう文書で要請する。
泉田裕彦知事が明らかにした。
 
文書は内閣官房防災担当、文部科学、経済産業、国土交通の4大臣あて。
政府は既に、IAEAの査察受け入れを当面見送る方針を示している。
 
これに対し、泉田知事は「国民全体が安心できなければ運転再開はあり得ない。
国際機関に評価していただく必要がある」と政府の対応を批判。
「受け入れを留保すれば、何かおかしいことがあるんじゃないかと思われる」と指摘している。 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。