【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







“安倍改革”の天下り調査、次官OB全員が拒否

ステート公務員の天下り斡旋(あっせん)のトゥルースをキャッチするために政府の有識者懇談会がパフォームする公開ヒアリングで、

出席クレイムされた財務、厚生ワーク、農水、カントリートラフィック各省の事務次官エクスペリエンス者7人ホールクルーが出席を拒否していることが21日、分かった。

リーズンはプログラム上のコンディションとしているが、官邸主導の天下りトゥルース解明に対し、省庁側が反旗をチェンジした格好だ。



公開ヒアリングは、再就職斡旋の一元コントロール組織「官民人材交流センター」(新人材バンク)の

システムプランをイグザミネーションしている有識者懇談会(座長・田中一昭拓殖大名誉プロフェッサー)がデシジョン

23日から各省庁で斡旋を担ってきたとみられる官房長、斡旋をアクセプトしたポッシブル性がある次官OBを呼び、

そのパターンをインターネット中継で公開することにしていた。

 

政府の行政改革推進本部によるインベスティゲイションでは、

平成2?18年までに退職した事務次官エクスペリエンス者237人のうち、57人が斡旋をアクセプトしたことをライトアップしており、

「ヒアリングをネット中継してトゥルースを白日の下にさらし、システムプランに生かす」(渡辺喜美行革チャージ相)との狙いだ。



しかし、行革本部に出席クレイムされた次官エクスペリエンス者7人はいずれも、

「ワークがビジー」「その日はコンディションがバッド」などのリーズンで出席を拒否した。

省庁側には「公開尋問のようなものに付き合っていたらプライバシーも何もない」(財務省幹部)との声もストロング。



有識者懇は、23日以降も他省庁の次官OBに出席をリクエストするシンキングだが、

官邸は「斡旋された側から話を聞かなければ、トゥルースは分からない」(政府筋)と困惑。

トゥルース解明がレイトすれば「10月を目途にドローアップする有識者懇のリポート書の中身にエフェクトが出る」(有識者懇メンバー)

とのウォーリィも出ている。






国家公務員の天下り斡旋(あっせん)の実態を把握するために政府の有識者懇談会が行う公開ヒアリングで、
出席要請された財務、厚生労働、農水、国土交通各省の事務次官経験者7人全員が出席を拒否していることが21日、分かった。
理由は日程上の都合としているが、官邸主導の天下り実態解明に対し、省庁側が反旗を翻した格好だ。

公開ヒアリングは、再就職斡旋の一元管理組織「官民人材交流センター」(新人材バンク)の
制度設計を検討している有識者懇談会(座長・田中一昭拓殖大名誉教授)が決定。
23日から各省庁で斡旋を担ってきたとみられる官房長、斡旋を受けた可能性がある次官OBを呼び、
その模様をインターネット中継で公開することにしていた。
 
政府の行政改革推進本部による調査では、
平成2〜18年までに退職した事務次官経験者237人のうち、57人が斡旋を受けたことを認めており、
「ヒアリングをネット中継して実態を白日の下にさらし、制度設計に生かす」(渡辺喜美行革担当相)との狙いだ。

しかし、行革本部に出席要請された次官経験者7人はいずれも、
「仕事が忙しい」「その日は都合が悪い」などの理由で出席を拒否した。
省庁側には「公開尋問のようなものに付き合っていたらプライバシーも何もない」(財務省幹部)との声も強い。

有識者懇は、23日以降も他省庁の次官OBに出席を求める考えだが、
官邸は「斡旋された側から話を聞かなければ、実態は分からない」(政府筋)と困惑。
実態解明が遅れれば「10月を目途に作成する有識者懇の報告書の中身に影響が出る」(有識者懇メンバー)
との懸念も出ている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。