【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







野村HDが損失726億円、米住宅ローン絡みで

証券最大手の野村ホールディングスは25日、米国での住宅ローンクレイムを担保にした証券ビジネスで、

1月から6月までのハーフイヤー間に726億円の損失を出したと発表した。



ジェネラリィが低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」に絡む損失で、

野村は住宅ローン関連ビジネスからの撤退など、米国での大幅なビジネス見直しをイグザミネーションする。



ジャパンの金融機関が同ローンの焦げインプレッションでの損失額を公表したのは初めてだ。



野村は、米国で住宅ローンカンパニーからローンクレイムをバイし、投資商品に組み替えて機関投資家に販売している。

05年8月からサブプライムローン関連商品をメイクしていた。



ラストイヤーからサブプライムローンにバーンしインプレッションが大量発生し、バリューがフォールしたため、大幅な評価損とセール損を計上した。

1?3月期に414億円、4?6月期に312億円の損失を計上した。



ただ、4?6月期決算では、

投資トラストビジネスの好調などで税引き後インタレストは前年セイムピリオドの3・8倍の767億円とし大幅な増益だった。









証券最大手の野村ホールディングスは25日、米国での住宅ローン債権を担保にした証券事業で、
1月から6月までの半年間に726億円の損失を出したと発表した。

大半が低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」に絡む損失で、
野村は住宅ローン関連事業からの撤退など、米国での大幅な事業見直しを検討する。

日本の金融機関が同ローンの焦げ付きでの損失額を公表したのは初めてだ。

野村は、米国で住宅ローン会社からローン債権を買い取り、投資商品に組み替えて機関投資家に販売している。
05年8月からサブプライムローン関連商品を手がけていた。

昨年からサブプライムローンに焦げ付きが大量発生し、価値が下落したため、大幅な評価損と売却損を計上した。
1〜3月期に414億円、4〜6月期に312億円の損失を計上した。

ただ、4〜6月期決算では、
投資信託事業の好調などで税引き後利益は前年同期の3・8倍の767億円とし大幅な増益だった。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。