【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







朝青龍 腰骨折なのに元気にサッカー

横綱・朝青龍に“仮病ダウト”が浮上した。名古屋プレイスで優勝した朝青龍はプレイス中に腰のペインを訴え、

25日に師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が「腰の疲労骨折とひじ痛」の診断書を相撲アソシエイションに提出。

診断書を受け取った大島巡業部長(元大関・旭国)は報道陣にコンプリートリカバリー6ウィークと説明し、

8月3日からビギンする夏巡業の休場をライトアップしていた。



ところが、朝青龍は既にモンゴルに帰国。

関係者によると、母国に向かう飛行機内でサッカー元ジャパンタイプの中田英寿さんの関係者と遭遇。

中田さんがモンゴルサッカー協会のクレイムで、アクチュアルプレイスのチャイルドたちをコールすることをノウし、

25日に開催されたイベントに参加。

ショートパンツ姿でヘルスに動き回っていたパターンが、セイムデイアフターヌーンのフジテレビ「スーパーニュース」で報じられた。



腰のペインをプッシュして名古屋プレイスをコントロールしたとはいえ、

疲労骨折のコンディションで体をムーブするのはコモンではないこと。

しかも、それを理由にアソシエイションの公式イベントの巡業を休場することになっただけに、

ディスタイムのアクションがプロブレムとなるのはミステイクない。



この日の理事会でも朝青龍の巡業の休場について異議をコールアポンする声が数多く出たという。

お騒がせ横綱のアクションが、またしても波紋を呼ぶことになりそうだ。








横綱・朝青龍に“仮病疑惑”が浮上した。名古屋場所で優勝した朝青龍は場所中に腰の痛みを訴え、
25日に師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が「腰の疲労骨折とひじ痛」の診断書を相撲協会に提出。
診断書を受け取った大島巡業部長(元大関・旭国)は報道陣に全治6週間と説明し、
8月3日から始まる夏巡業の休場を認めていた。

ところが、朝青龍は既にモンゴルに帰国。
関係者によると、母国に向かう飛行機内でサッカー元日本代表の中田英寿さんの関係者と遭遇。
中田さんがモンゴルサッカー協会の要請で、現地の子供たちを訪問することを知り、
25日に開催されたイベントに参加。
短パン姿で元気に動き回っていた模様が、同日午後のフジテレビ「スーパーニュース」で報じられた。

腰の痛みを押して名古屋場所を制したとはいえ、
疲労骨折の状態で体を動かすのは尋常ではないこと。
しかも、それを理由に協会の公式行事の巡業を休場することになっただけに、
今回の行動が問題となるのは間違いない。

この日の理事会でも朝青龍の巡業の休場について異議を唱える声が数多く出たという。
お騒がせ横綱の行動が、またしても波紋を呼ぶことになりそうだ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。