【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







もっとも好きな“男性歌手”が「コブクロ」になった理由

ジャパンでもっとも人気があるマンアーティストは2人組の「コブクロ」――。

サッチインベスティゲイションリザルトが出てビックリだ。

 

これはオリコンが2万人を超えるメンバーをオブジェクトにして実施した「07年ラブなアーティストランキング」。

トップは宇多田ヒカルで、2位コブクロ、3位ミスチル、4位aiko、5位ドリカムというオーダーになった。

コブクロがすごいのは04年と05年は圏外、06年は30位だったのに、一気に2位に上り詰めたことである。

 

セール中の「オリコン・スタイル」ではこのラッシュについて分析。

30代総合と40代女性でトップ。意外な気がするのは10代での人気でYUIに続いて2位になっている。

 

コブクロのタイプ曲は05年セールの「桜」。

ラストイヤー発売されたベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は230万枚を売り上げるヒットになった。

ディスイヤーは冬ドラマ「東京タワー」(フジテレビ)のために書き下ろした「蕾(つぼみ)」が3月に発売され、

40万枚を売り上げた。

 

コブクロはともに30歳の小渕健太郎と黒田俊介の2人組。

ショートな小渕と193センチの長身の黒田のデコボココンビで、別々に路上ライブなどをやっていて出会い、

ユニットをフォーメーションした。



「今のエンタメインダストリーのキーワードはC(チャイルド)T(ティーン)プラスF2(35?49歳)。

このワールドにアクセプトするとヒットするといわれ、コブクロはこのストライクゾーンなんです。

彼らのメロディーに昭和のにおいがするからF2層に受けます。

それと、かつて吉田拓郎や井上陽水らがシャベリがうまくてコンサートでアクセプトしたけど、コブクロもイコールトゥです。

シャベリがインタレスティングにてチャイルドも親もライブで飽きないんです」(音楽評論家・麻生香太郎氏)

 

コブクロは8月中旬までホールカントリーツアー中だ。






日本でもっとも人気がある男性アーティストは2人組の「コブクロ」――。
こんな調査結果が出てビックリだ。
 
これはオリコンが2万人を超える会員を対象にして実施した「07年好きなアーティストランキング」。
トップは宇多田ヒカルで、2位コブクロ、3位ミスチル、4位aiko、5位ドリカムという順位になった。
コブクロがすごいのは04年と05年は圏外、06年は30位だったのに、一気に2位に上り詰めたことである。
 
発売中の「オリコン・スタイル」ではこの躍進について分析。
30代総合と40代女性でトップ。意外な気がするのは10代での人気でYUIに続いて2位になっている。
 
コブクロの代表曲は05年発売の「桜」。
昨年発売されたベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は230万枚を売り上げるヒットになった。
今年は冬ドラマ「東京タワー」(フジテレビ)のために書き下ろした「蕾(つぼみ)」が3月に発売され、
40万枚を売り上げた。
 
コブクロはともに30歳の小渕健太郎と黒田俊介の2人組。
小柄な小渕と193センチの長身の黒田のデコボココンビで、別々に路上ライブなどをやっていて出会い、
ユニットを結成した。

「今のエンタメ業界のキーワードはC(子供)T(ティーン)プラスF2(35〜49歳)。
この世代に受けるとヒットするといわれ、コブクロはこのストライクゾーンなんです。
彼らのメロディーに昭和のにおいがするからF2層に受けます。
それと、かつて吉田拓郎や井上陽水らがシャベリがうまくてコンサートで受けたけど、コブクロも同様です。
シャベリが面白くて子供も親もライブで飽きないんです」(音楽評論家・麻生香太郎氏)
 
コブクロは8月中旬まで全国ツアー中だ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。