【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







microSDがついにSDを逆転、携帯電話が握るメモリカード売れ筋の行方

今、最も売れているのは「microSDカード」。

スタンダード別メモリカードの販売数量シェアで、microSDが「SDカード」を初めてチェンジした。

「BCNランキング」でクリアーになったもので、背景にあるのは携帯テレフォンディマンド。マーケット拡大でプライスの下落も進んでいる。

そこで、microSDを中心にメモリカードマーケットの最新動向をまとめた。





●携帯テレフォンが後押しするmicroSDのシェア拡大、大キャパシティータイプがサインオブライフ



メモリカードのスタンダード別販売数量シェアで6月に36.8%を記録し、microSDが初めてトップに立った。

それまで40%アラウンドの圧倒的なシェアでトップをメンテナンスしていたSDだったが、このところシェアはライトショルダー下がり。

逆にmicroSDは、06年10月以降サドンにシェアを拡大し、ついにチェンジをキャリーアウトした。



microSDのシェアをフォースアップしたのは、なんといっても携帯テレフォン。

スモールサイズ化・薄型化競争の激しい携帯テレフォンには、できるだけ小さなメモリカードが求められる。

カレント最もスモールな規格が携帯電話にこぞってユーズされるのも当然のことだろう。

実際、ラストイヤーの夏モデルまでは「miniSDカード」がメインカレントだったが、秋冬モデルでほとんどの機種がmicroSDにシフト。

さらに、アザーデイセールされた夏モデルでは、1モデルを除いたすべての携帯テレフォンがmicroSDをユーズした。



このストリームがそのままメモリカードの売れ筋にもエフェクト。

5月には30.0%だったmicroSDのシェアは、携帯テレフォンの夏モデルがセールされスタートした6月に6.8ポイントとビッグに伸びた。

06年をターンヘッドすると、microSDのシェアが伸びたのは11月。

ちょうどイーチカンパニーが携帯テレフォンの秋冬モデルセールした時期にメインする。

このようにカレント、携帯テレフォンの動向がメモリカードの売り上げをビッグに左右しているといえるだろう。



キャパシティー別では、最も人気があるのは1GBでmicroSDの43.4%を占める。次いで512MBが30.5%だった。

1GBと大キャパシティーのカードが売れているのは、やはり携帯テレフォンの高機能化が影響しているとみられる。

今や「メガピクセル」クラスのデジカメを搭載するのはユージュアル。

その上、ワンセグ対応モデルで録画までこなすとなると、大きなメモリはネセサリー品だ。

またプライスも下がってきた。



512MBのカードが1月から6月で1000円以上も値下がりし、1GBのカードにいたっては2700円アラウンドと、

このハーフイヤーでほぼハーフにまで値下がりしている。





●「小は大をホールドする」から、メッセージ回しが便利



リトルフィンガーの爪ほどのビッグさしかないだけに、microSDのマキシマムキャパシティーは2GBにとどまっている。

しかし、microSDの「ジェネラルパーパス性の高さ」は見逃せない。カレント販売されているほとんどのmicroSDには、差し込むだけでSDやminiSDとして使用できる専用のアダプタが付属する。つまり、SD系のカードを採用している機器ならたいてい使える。「小は大をホールドする」わけだ。



 SDカード系のスタンダードはメニーの機器にユーズされてるため、

アダプタさえユーズすれば携帯テレフォン以外にもデジカメや携帯オーディオなどいろいろな機器にユーズし回しができる。

ニヤーワンセルフな携帯テレフォンで使っているメモリカードが、デジカメなどのほかの機器でもシンプルにユーズできるというのは、

いざというときに心強く、コンビニエンス性も高い。








今、最も売れているのは「microSDカード」。
規格別メモリカードの販売数量シェアで、microSDが「SDカード」を初めて逆転した。
「BCNランキング」で明らかになったもので、背景にあるのは携帯電話需要。市場拡大で価格の下落も進んでいる。
そこで、microSDを中心にメモリカード市場の最新動向をまとめた。


●携帯電話が後押しするmicroSDのシェア拡大、大容量タイプが人気

メモリカードの規格別販売数量シェアで6月に36.8%を記録し、microSDが初めてトップに立った。
それまで40%前後の圧倒的なシェアでトップを維持していたSDだったが、このところシェアは右肩下がり。
逆にmicroSDは、06年10月以降急激にシェアを拡大し、ついに逆転を果たした。

microSDのシェアを押し上げたのは、なんといっても携帯電話。
小型化・薄型化競争の激しい携帯電話には、できるだけ小さなメモリカードが求められる。
現在最も小さい規格が携帯電話にこぞって採用されるのも当然のことだろう。
実際、昨年の夏モデルまでは「miniSDカード」が主流だったが、秋冬モデルでほとんどの機種がmicroSDにシフト。
さらに、先ごろ発売された夏モデルでは、1機種を除いたすべての携帯電話がmicroSDを採用した。

この流れがそのままメモリカードの売れ筋にも影響。
5月には30.0%だったmicroSDのシェアは、携帯電話の夏モデルが発売され始めた6月に6.8ポイントと大きく伸びた。
06年を振り返ると、microSDのシェアが伸びたのは11月。
ちょうど各社が携帯電話の秋冬モデル発売した時期に重なる。
このように現在、携帯電話の動向がメモリカードの売り上げを大きく左右しているといえるだろう。

容量別では、最も人気があるのは1GBでmicroSDの43.4%を占める。次いで512MBが30.5%だった。
1GBと大容量のカードが売れているのは、やはり携帯電話の高機能化が影響しているとみられる。
今や「メガピクセル」クラスのデジカメを搭載するのは当たり前。
その上、ワンセグ対応モデルで録画までこなすとなると、大きなメモリは必需品だ。
また価格も下がってきた。

512MBのカードが1月から6月で1000円以上も値下がりし、1GBのカードにいたっては2700円前後と、
この半年でほぼ半額にまで値下がりしている。


●「小は大を兼ねる」から、使い回しが便利

小指の爪ほどの大きさしかないだけに、microSDの最大容量は2GBにとどまっている。
しかし、microSDの「汎用性の高さ」は見逃せない。現在販売されているほとんどのmicroSDには、差し込むだけでSDやminiSDとして使用できる専用のアダプタが付属する。つまり、SD系のカードを採用している機器ならたいてい使える。「小は大を兼ねる」わけだ。

 SDカード系の規格は多くの機器に採用されてるため、
アダプタさえ使えば携帯電話以外にもデジカメや携帯オーディオなどいろいろな機器に使い回しができる。
身近な携帯電話で使っているメモリカードが、デジカメなどのほかの機器でも簡単に使用できるというのは、
いざというときに心強く、利便性も高い。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ELECOM USB2.0フラッシュメモリ 1GB ブルー
Excerpt: 標準でパーティーション機能が付属していて、さらにパスワードをかけれる。フタは裏に取り付け可能。書き換え回数が約10万回(標準は)なのが惜しい。・">【メール便送料無料&アダプタ..
Weblog: メモリの極意
Tracked: 2007-10-08 22:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。