【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







NY市場で株安、ドル安進行…ダウは一時300ドル下落

26日モーニングのニューヨーク株式マーケットは、米国内で急増している住宅融資の焦げインプレッションプロブレムで、

金融機関などの経営が圧迫されかねないとのウォーリィがゲットストロングし、

株価が急反落し、ダウバランス株価(インダストリー株30種)はアフターヌーン0時半すぎ(ジャパンタイム27日モーニング1時半すぎ)、

デイビフォーより300ドル以上もフォールした。



この日は、トゥウォードモーニング発表された6月の米耐久財受注額が市場の予想を下回ったことがタイアードオブされ、

大手のバンク、証券株などでセルしが先行した。



さらに、6月の米ニュービルディング住宅販売がラストマンス比6・6%減と2か月連続でラストマンス実績を割り込んだことが発表されると、株価は一段とフォールした。

原油マーケットプライスが約11か月半ぶりにモーメント、1バレル=77ドル台まで上昇したことも、セルしのマテリアルとなっている。









26日午前のニューヨーク株式市場は、米国内で急増している住宅融資の焦げ付き問題で、
金融機関などの経営が圧迫されかねないとの懸念が強まり、
株価が急反落し、ダウ平均株価(工業株30種)は午後0時半すぎ(日本時間27日午前1時半すぎ)、
前日より300ドル以上も下落した。

この日は、朝方発表された6月の米耐久財受注額が市場の予想を下回ったことが嫌気され、
大手の銀行、証券株などで売りが先行した。

さらに、6月の米新築住宅販売が前月比6・6%減と2か月連続で前月実績を割り込んだことが発表されると、株価は一段と下落した。
原油相場が約11か月半ぶりに一時、1バレル=77ドル台まで上昇したことも、売りの材料となっている。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。