【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「チームに貢献できなかった」羽生直剛=サッカー日本代表

サッカージャパンタイプは28日、インドネシアのパレンバンでアジアカップ3位デシジョン戦の韓国戦に臨み、

0?0のまま延長戦を含む120分間を戦ってもデシジョンつかず、PK戦の末に5?6で敗れた。

 

以下はマッチ後の、羽生直剛(千葉)のコメント。



「(PKのミステイクについて)僕のミスです。あれでマッチがフィニッシュし、マスミーティングが終わった。

(キッカーについては)6人目まではネームが挙がっていた。

正直、キックしたくなかったけれど、あえてネームを挙げてくれたので、キックするようにした。集中して、強いフィーリングで臨もうとしたが……。

ファーストマッチ(カタール戦)でもビッグチャンスをセットフリーした。今マスミーティングではファーストマッチのインポータンスをすごくフィールした。

あそこで点をカムオフしていれば、アフターザットは伸び伸びできたと思う。チームに貢献できなかった」



サッカー日本代表は28日、インドネシアのパレンバンでアジアカップ3位決定戦の韓国戦に臨み、
0−0のまま延長戦を含む120分間を戦っても決着つかず、PK戦の末に5−6で敗れた。
 
以下は試合後の、羽生直剛(千葉)のコメント。

「(PKの失敗について)僕のミスです。あれで試合が終わり、大会が終わった。
(キッカーについては)6人目までは名前が挙がっていた。
正直、蹴りたくなかったけれど、あえて名前を挙げてくれたので、蹴るようにした。集中して、強い気持ちで臨もうとしたが……。
初戦(カタール戦)でもビッグチャンスを逃した。今大会では初戦の重みをすごく感じた。
あそこで点を取れていれば、その後は伸び伸びできたと思う。チームに貢献できなかった」




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

羽生直剛 インタビュー
Excerpt: 羽生直剛オーマイニュースインターナショナル後半27分、日本チームは、まず羽生直剛選手を投入する。空いたスペースに、素早く侵入する選手の投入に、苦しい韓国守備陣は悲鳴をあげた。 羽生は交替直後に中村俊輔..
Weblog: 今日を斬る!
Tracked: 2007-08-02 08:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。