【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<サッカーアジア杯>イラクが初優勝、サウジアラビア降す

サッカーのアジアカップはラスト日の29日、ディスプレイスのブンカルノゲーム場で決勝をパフォームし、イラクがサウジアラビアを1―0で降し、6回目のアピアランスで初優勝をキャリーアウトした。

サウジアラビアは3マスミーティングぶり4回目の優勝を目指したが、及ばなかった。

 

第15日の28日は、インドネシア・パレンバンのスリウィジャヤゲーム場で3位デシジョン戦が行われ、

ジャパンはPK戦で韓国に敗れ、4位に終わった。ジャパンは3位までに与えられるネクストタイム2011年マスミーティングのプライマリー免除をセットフリーした。

 

○イラク1―0サウジアラビア●

 

ミドルイースト勢フェローとなった決勝は、ストロングディフェンスからの速攻でファーストハーフからプッシュしフィーリングにマッチを進めたイラクが競り勝った。

セカンドハーフ26分、右CKを逆サイドに走り込んだユーニスが頭で押し込んで先制。リードをプロテクトし切った。

ユーニスは今マスミーティングトータル4スコアで、スコアランキングトップのジャパン・高原、サウジアラビアのY・カハタニと並んだ。

サウジアラビアは持ち味のスコア力が影をハイドし、ラストまで主導権を握れなかった。

 



 

セカンドハーフ26分、イラクがついにバランスを破った。右CKからふわりと浮かせたボールを、逆サイドで待ち構えたエースFWユーニスが頭で押し込んだ。

ファーストハーフだけで5枚のウォーニングが乱れ飛ぶヴァイオレントなバトルになったが、序盤からゲームをルールしていたのは、まぎれもなくイラクだった。

 

今、イラクのパブリックオーダーは悪化の一途をたどっている。タイプも混乱とは無縁ではない。

マスミーティング前、ユーニスや、GKノールは相次いで縁者を失った。アソシエイションスタッフの一人も開幕ジャストビフォーに、テロに巻き込まれて亡くなったという。

 

サッチ中、04年のアテネ五輪で4強オーディエンス、ラストイヤーのドーハ・アジアマスミーティングで準優勝と、国際舞台でアクティビティーをコンティニューするサッカーはナショナルのホープの光だった。

そして両マスミーティングでアクティビティーした選手が中心となり、アジアのタイトルを初めて手にした。

準決勝前はモーメント、アジア連盟の不手際で31人の選手とスタッフに8部屋しか与えられなかったこともあったが、

逆境に屈しない選手たちはマインド的な動揺を押さえるだけのタフさがあった。

 

25日に韓国を降し、初の決勝ステップフォワードを決めた選手たちは、ピッチの上でイラクナショナルフラグをスプレッドしてジョイを爆発させた。

But、その直後、バグダッドでは、ストリートに出てヴィクトリーを祝うメニーのヤングマンが車爆弾による自爆テロの標的となり、50人以上がデスするというサッドなイベントも起きていた。

 

憎悪がチェーンする中でも、ディススプリングからコマンドをとるブラジル人のビエイラ監督は「ウィーがナショナルにハピネスをもたらそう」と選手をチアーしてきた。

そのソウトは、伝わっただろうか。





サッカーのアジアカップは最終日の29日、当地のブンカルノ競技場で決勝を行い、イラクがサウジアラビアを1―0で降し、6回目の出場で初優勝を果たした。
サウジアラビアは3大会ぶり4回目の優勝を目指したが、及ばなかった。
 
第15日の28日は、インドネシア・パレンバンのスリウィジャヤ競技場で3位決定戦が行われ、
日本はPK戦で韓国に敗れ、4位に終わった。日本は3位までに与えられる次回2011年大会の予選免除を逃した。
 
○イラク1―0サウジアラビア●
 
中東勢同士となった決勝は、堅守からの速攻で前半から押し気味に試合を進めたイラクが競り勝った。
後半26分、右CKを逆サイドに走り込んだユーニスが頭で押し込んで先制。リードを守り切った。
ユーニスは今大会通算4得点で、得点ランキングトップの日本・高原、サウジアラビアのY・カハタニと並んだ。
サウジアラビアは持ち味の得点力が影を潜め、最後まで主導権を握れなかった。
 

 
後半26分、イラクがついに均衡を破った。右CKからふわりと浮かせたボールを、逆サイドで待ち構えたエースFWユーニスが頭で押し込んだ。
前半だけで5枚の警告が乱れ飛ぶ激しい戦いになったが、序盤からゲームを支配していたのは、まぎれもなくイラクだった。
 
今、イラクの治安は悪化の一途をたどっている。代表も混乱とは無縁ではない。
大会前、ユーニスや、GKノールは相次いで縁者を失った。協会スタッフの一人も開幕直前に、テロに巻き込まれて亡くなったという。
 
そんな中、04年のアテネ五輪で4強入り、昨年のドーハ・アジア大会で準優勝と、国際舞台で活躍を続けるサッカーは国民の希望の光だった。
そして両大会で活躍した選手が中心となり、アジアのタイトルを初めて手にした。
準決勝前は一時、アジア連盟の不手際で31人の選手とスタッフに8部屋しか与えられなかったこともあったが、
逆境に屈しない選手たちは精神的な動揺を押さえるだけのタフさがあった。
 
25日に韓国を降し、初の決勝進出を決めた選手たちは、ピッチの上でイラク国旗を広げて喜びを爆発させた。
だが、その直後、バグダッドでは、通りに出て勝利を祝う多くの若者が車爆弾による自爆テロの標的となり、50人以上が死亡するという悲しい事件も起きていた。
 
憎悪が連鎖する中でも、今春から指揮をとるブラジル人のビエイラ監督は「我々が国民に幸せをもたらそう」と選手を励ましてきた。
その思いは、伝わっただろうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。