【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







3ボール四球で審判団に厳重戒告=セ・リーグ

セ・リーグは30日、ヤクルト?ミドルデイ17マッチ(29日、神宮)で

不手際のあった森健次郎、小林和公、佐々木昌信、深谷篤の4審判員をストロング戒告処分とした。

 

このマッチの3回、森球審は打者のヤクルト・青木へのカウント2?2からの投球をボールとデシジョン

2?3で続行となるシーンで「四球」とし、出塁をライトアップした。

他の審判もエラーに気付かずゲームを進行させた。 





セ・リーグは30日、ヤクルト−中日17回戦(29日、神宮)で
不手際のあった森健次郎、小林和公、佐々木昌信、深谷篤の4審判員を厳重戒告処分とした。
 
この試合の3回、森球審は打者のヤクルト・青木へのカウント2−2からの投球をボールと判定。
2−3で続行となる場面で「四球」とし、出塁を認めた。
他の審判も誤りに気付かずゲームを進行させた。 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。