【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<公共料金>電気・ガス一斉値上げ 10〜12月分

エレクトリックパワー10社とタウンガス大手4社は30日、10〜12月分の電気・ガスチャージを値上げすると発表した。

フューエル・原料費のチェンジをチャージに反映させる「フューエル費・原料費調整システム」に基づく値上げで、

エレクトリックパワー、タウンガス大手ホールカンパニーの値上げはディスイヤー1?3月シンス



スタンダードホームの値上げ幅は、電気チャージは、原子力発電所を持たない沖縄電力がマキシマムで171円で、リーストは九州電力の39円。

ガスチャージの値上げ幅は、東京ガスの38円から西部ガスの28円。

 

10?12月分のチャージ算定のスタンダードとなる4?6月分の原油プライスは、

ミドルイーストやアフリカの産油国の政情アングザイエティーなどでファーストターム(1?3月)比12.7%上昇し、

液化天然ガス(LNG)も同2.9%上昇した。

        

新潟県中越沖地震で被災した柏崎市などのエリアも値上げのオブジェクトになるが、

東北電力は、災害レスキュー法が適用されたエリアに対して、電気チャージの免除などのスペシャルメジャーをとっている。





電力10社と都市ガス大手4社は30日、10〜12月分の電気・ガス料金を値上げすると発表した。
燃料・原料費の変動を料金に反映させる「燃料費・原料費調整制度」に基づく値上げで、
電力、都市ガス大手全社の値上げは今年1〜3月以来。

標準家庭の値上げ幅は、電気料金は、原子力発電所を持たない沖縄電力が最大で171円で、最小は九州電力の39円。
ガス料金の値上げ幅は、東京ガスの38円から西部ガスの28円。
 
10〜12月分の料金算定の基準となる4〜6月分の原油価格は、
中東やアフリカの産油国の政情不安などで前期(1〜3月)比12.7%上昇し、
液化天然ガス(LNG)も同2.9%上昇した。
        
新潟県中越沖地震で被災した柏崎市などの地域も値上げの対象になるが、
東北電力は、災害救助法が適用された地域に対して、電気料金の免除などの特別措置をとっている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。