【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







パチンコのマルハン、マカオカジノに参入へ

京都市と東京都にヘッドオフィスを持つパチンコチェーン店「マルハン」などを運営するアミューズメント系総合企業、マルハンが、

マカオの大型総合テーマパーク「十六浦(ピア16)」へ参入するアイディアを示していることがクリアーとなった。

既に27日、アイディア書をターンアサイドしており、ネクストマンス末までにはカンファレンスを締結するという。

実現すれば、日系企業が好調なマカオのカジノプレジャービジネスに本格参入するのは初めて。



マカオで不動産開発や観光、カジノビジネスなどをワイドにメイクする香港上場企業、マカオ実徳は29日、

セイムファームが100%出資するGolden Sun Profits Limited(以下、Golden Sun)のアンダーザアンブレラで、

「ピア16」ビジネスに49%出資しているWorld Fortune Limited(世兆リミティッド公司)へ、

ジャパンパブリックカンパニーマルハン(以下、マルハン)が戦略出資すると発表した。

出資プロポーションは21.5?41%で、これにより、マルハンは「ピア16」ビジネスの約10?20%の権益をメンテナンスすることとなる。

 

セイムファームのチャージ者はNNAの取材に対し、「オフィシャルな合意は8月末になるプログラムで、プレゼントポイントではプラン破棄となるポッシブル性もある」とスピークした。

マルハンとの業務提携の経緯については「コマース機密なので答えられない」としている。

セイムファームのジャパンステップフォワードのポッシブル性については「ジャパンのパチンコなどのプレジャーインダストリーはフロムナウオン、発展が望めることから、

アプルーバルを得られればステップフォワードするポッシブル性もある」とスピークし、

ジャパンのホテルやレジャーなど観光ビジネスとしてではなく、パチンコなどのプレジャーインダストリーでのステップフォワードを狙って今回、

マルハンとの業務提携を進めている感がストロングなようだ。

 

マルハンはGolden Sunに対して、デューデリジェンス(リーズナブル評価プロセス)を進めており、

保証金として1億HKドル(約15億円)を支払ったという。マルハンのチャージ者は「コメントなど即答はできない」とのみアンサーした。

 

カジノ収入でラストイヤー、米ラスベガスを抜いて世界一のカジノタウンとなったマカオは今後、

国際ミーティングや国際展示会、国際トレードフェアーなどでもコール客アトラクションの拡大を目指している。

そのマカオへのステップフォワードを模索する日系のカジノ関連企業が今後、増えるポッシブル性もある。













京都市と東京都に本社を持つパチンコチェーン店「マルハン」などを運営するアミューズメント系総合企業、マルハンが、
マカオの大型総合テーマパーク「十六浦(ピア16)」へ参入する意向を示していることが明らかとなった。
既に27日、意向書を交わしており、来月末までには協議を締結するという。
実現すれば、日系企業が好調なマカオのカジノ娯楽事業に本格参入するのは初めて。

マカオで不動産開発や観光、カジノ事業などを幅広く手がける香港上場企業、マカオ実徳は29日、
同社が100%出資するGolden Sun Profits Limited(以下、Golden Sun)の傘下で、
「ピア16」事業に49%出資しているWorld Fortune Limited(世兆有限公司)へ、
日本の株式会社マルハン(以下、マルハン)が戦略出資すると発表した。
出資比率は21.5〜41%で、これにより、マルハンは「ピア16」事業の約10〜20%の権益を保有することとなる。
 
同社の担当者はNNAの取材に対し、「正式な合意は8月末になる予定で、現時点では計画破棄となる可能性もある」と話した。
マルハンとの業務提携の経緯については「商業機密なので答えられない」としている。
同社の日本進出の可能性については「日本のパチンコなどの娯楽産業は今後、発展が望めることから、
認可を得られれば進出する可能性もある」と話し、
日本のホテルやレジャーなど観光事業としてではなく、パチンコなどの娯楽産業での進出を狙って今回、
マルハンとの業務提携を進めている感が強いようだ。
 
マルハンはGolden Sunに対して、デューデリジェンス(適正評価手続き)を進めており、
保証金として1億HKドル(約15億円)を支払ったという。マルハンの担当者は「コメントなど即答はできない」とのみ答えた。
 
カジノ収入で昨年、米ラスベガスを抜いて世界一のカジノ都市となったマカオは今後、
国際会議や国際展示会、国際見本市などでも訪問客誘致の拡大を目指している。
そのマカオへの進出を模索する日系のカジノ関連企業が今後、増える可能性もある。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。