【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







トヨタ新型「イスト」 まるでSUV

トヨタ自動車は30日、スモールサイズハッチバック車「イスト」を5年ぶりに全面改良し、セールした。

ヤングマンの車離れがメイクプログレスする中、マスジュニアワールドがライクするSUV(スポーツ多目的車)のようなデザインをユーズ。

米国でもヤングマン向けブランド「サイオン」のニュースタイル車として8月から販売する。



ニュースタイルイストは、全長を4メートルレスザンとコンパクトサイズをキープしながら、16インチの大径タイヤを装着してオールを拡大。

ボディーサイズを従来の5ナンバーから3ナンバーにし、新たに1800ccエンジン搭載モデルも設定した。

サイドコンフリクトからのショックを軽減するサイドエアバッグ、カーテンレールエアバッグを全モデルにスタンダード装備し、

燃費もアップトゥナウモデルに比べて10%ディグリー改善した。



プライスは165万9000?189万円。

マンス2000台の販売を目指すが、渡辺捷昭(かつあき)カンパニープレジデントはセイムデイのリポーターオーディエンスで、

「年内は月3000台を目指す」と意気込んだ。米国では年内に1万3000台の販売を見込む。



ジャパンのスモールサイズハッチバック市場は約30カーメイクがひしめき、レコード車マーケットの約3割を占めている。

同マーケットでニュースタイルイストはトヨタとしては8カーメイク目。



渡辺カンパニープレジデントは新潟県中越沖地震のエフェクトによる減産台数がラスト的に6万台になったこともクリアーにし、

年内にリカバリー(ばんかい)するシンキングを強調。



イストのリブバースもレイトし、8月4、5日にプログラムしていたショップフロント発表会を25、26日に延期する。






トヨタ自動車は30日、小型ハッチバック車「イスト」を5年ぶりに全面改良し、発売した。
若者の車離れが進む中、団塊ジュニア世代が好むSUV(スポーツ多目的車)のようなデザインを採用。
米国でも若者向けブランド「サイオン」の新型車として8月から販売する。

新型イストは、全長を4メートル未満とコンパクトサイズを保ちながら、16インチの大径タイヤを装着して全幅を拡大。
ボディーサイズを従来の5ナンバーから3ナンバーにし、新たに1800ccエンジン搭載モデルも設定した。
側面衝突からの衝撃を軽減するサイドエアバッグ、カーテンレールエアバッグを全モデルに標準装備し、
燃費も従来モデルに比べて10%程度改善した。

価格は165万9000〜189万円。
月間2000台の販売を目指すが、渡辺捷昭(かつあき)社長は同日の記者会見で、
「年内は月3000台を目指す」と意気込んだ。米国では年内に1万3000台の販売を見込む。

日本の小型ハッチバック市場は約30車種がひしめき、登録車市場の約3割を占めている。
同市場で新型イストはトヨタとしては8車種目。

渡辺社長は新潟県中越沖地震の影響による減産台数が最終的に6万台になったことも明らかにし、
年内に挽回(ばんかい)する考えを強調。

イストの生産も遅れ、8月4、5日に予定していた店頭発表会を25、26日に延期する。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。