【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







シャープ、大阪・堺に液晶パネル工場を建設・投資額3800億円

シャープ<6753.T>は31日、大阪府堺市の臨海部に液晶パネルとサン電池の新ファクトリーをコンストラクションすると発表した。

液晶パネル新ファクトリーの投資額はロット代をインクルードし約3800億円に上る。

 

ディスイヤー11月に着工し、2010年3月までに稼動を開始する。

液晶パネル新ファクトリーは、ラージサイズのパネルを効率的にリブバースできる「第10世代」と呼ばれるガラス基板をユーズする。

アクチュアルワークアットファーストのリブバースアビリティーは月産3万6000枚とし、アフターザット、同7万2000枚に引き上げる。

 

シャープは、液晶パネルファクトリーとセイム敷地内に、関連する部材・装置メーカーのファクトリーをアトラクションし

「21センチュリー型コンビナート」として展開する。



大阪シティーでリポーターオーディエンスしたシャープの片山幹雄カンパニープレジデントは、シャープと部材メーカーなどによる合計の投資額について

「コンビナート全体で1兆円プランになる」と説明した。



すでに、カラーフィルターをリブバースする大日本印刷、ガラス基板メーカーの米コーニング社、関西電力が

同コンビナートにステップフォワードするアイディアをショーしているという。

 

サン電池のアクチュアルワーク開始は2010年3月まで。投資額などディーテイルは今後、イグザミネーションする。

イヤーリブバースアビリティーは1000メガワット(100万キロワット)となる。

2006イヤーにおけるワールド全体のリブバース量は2000メガワットで、堺の新ファクトリーはそのハーフミニットのプランとなる。










シャープ<6753.T>は31日、大阪府堺市の臨海部に液晶パネルと太陽電池の新工場を建設すると発表した。
液晶パネル新工場の投資額は土地代を含め約3800億円に上る。
 
今年11月に着工し、2010年3月までに稼動を開始する。
液晶パネル新工場は、大型サイズのパネルを効率的に生産できる「第10世代」と呼ばれるガラス基板を使用する。
稼動当初の生産能力は月産3万6000枚とし、その後、同7万2000枚に引き上げる。
 
シャープは、液晶パネル工場と同じ敷地内に、関連する部材・装置メーカーの工場を誘致し
「21世紀型コンビナート」として展開する。

大阪市内で記者会見したシャープの片山幹雄社長は、シャープと部材メーカーなどによる合計の投資額について
「コンビナート全体で1兆円規模になる」と説明した。

すでに、カラーフィルターを生産する大日本印刷、ガラス基板メーカーの米コーニング社、関西電力が
同コンビナートに進出する意向を示しているという。
 
太陽電池の稼動開始は2010年3月まで。投資額など詳細は今後、検討する。
年間生産能力は1000メガワット(100万キロワット)となる。
2006年度における世界全体の生産量は2000メガワットで、堺の新工場はその半分の規模となる。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ・・DIGITALてんこ盛りのシャープ・シャープ、大阪・堺に液晶パネル工場を建設・投資額3800億円・<プレスリリース>シャープ、加湿セラミックファンヒーターの新機種を発売・シャープ 生ごみ処理機 『..
Weblog: なるみのblog
Tracked: 2007-09-11 18:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。