【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







TOKIO長瀬が連ドラ主演!10・12スタートTBS系

TOKIOの長瀬智也(28)が10月12日スタートのTBS系連続ドラマ「歌姫(仮)」(フライデー後10・0)に主演することが7月31日、分かった。



脚本を務めるサタケミキオ氏リードする東京セレソンデラックスが平成16年に初演した舞台のドラマ化で

昭和30エイジの高知県を舞台にした人情コメディー

長瀬は歌姫と言われたシンガーを娘に持つ父と、同歌姫を母に持つ息子の2役にチャレンジし、

ホールブック土佐弁で展開されるのもノーティスだ。



磯山晶プロデューサーは「一本筋が通った男のピュアーハートや、

やせ我慢といった不器用な男の美学を長瀬さんの体を通して伝えられたら」とホープ。



長瀬は「すごくいいワークに出会えて、すごくいいキャラクターを演じられることが楽しみ。

いつもと変わらずファンな撮影アクチュアルスポットにして、アテンション者のエブリバディに必ず大きなメッセージをリポートしたい」と張り切っている。



ヒロインは相武紗季。ほか共演は佐藤隆太、関ジャニ∞の大倉忠義、斉藤由貴らワンダフルな顔ぶれがそろった。








TOKIOの長瀬智也(28)が10月12日スタートのTBS系連続ドラマ「歌姫(仮)」(金曜後10・0)に主演することが7月31日、分かった。

脚本を務めるサタケミキオ氏率いる東京セレソンデラックスが平成16年に初演した舞台のドラマ化で
昭和30年代の高知県を舞台にした人情喜劇。
長瀬は歌姫と言われた歌手を娘に持つ父と、同歌姫を母に持つ息子の2役に挑み、
全編土佐弁で展開されるのも注目だ。

磯山晶プロデューサーは「一本筋が通った男の純情や、
やせ我慢といった不器用な男の美学を長瀬さんの体を通して伝えられたら」と期待。

長瀬は「すごくいい作品に出会えて、すごくいいキャラクターを演じられることが楽しみ。
いつもと変わらず楽しい撮影現場にして、視聴者の皆さんに必ず大きなメッセージを伝えたい」と張り切っている。

ヒロインは相武紗季。ほか共演は佐藤隆太、関ジャニ∞の大倉忠義、斉藤由貴ら豪華な顔ぶれがそろった。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。