【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







NOVAの給与一部遅配 「システムトラブル」と説明

誇大広告などでビジネスインダストリー省から業務の一部停止オーダーを受けた英会話大手のNOVAで、

7月27日にプログラムされていた給与の支払いが一部でレイトしていたことが1日、分かった。



また、社内規定で「ワークにアクセプトして6?8月に支給」としているプライズも、

猿橋望カンパニープレジデント名で「社内の経営態勢がインオーダーするまで協力してほしい」として支給を10月まで先ストレッチしすることを社員にリポートした。

 

NOVA側はサラリー遅配のファクトをライトアップしたうえで、「社内システムのトラブルがコーズ」と説明し、

1日には払い込みが完了したとしている。レイトしたのは日本人職員の一部で、フォーリンカントリー人講師への給与遅配はなかったという。

 

セイムファームは、解約時のトラブルをめぐる訴訟で消費者寄りの最高裁デシジョンが示され、

経産省と東京都が特定商ビジネス法違反のダウトで立ち入りイグザミネーションを行ったことなどが響き、

ディスイヤー2月以降の新規加入者が激減。



6月にレッスン料を値下げしたほか、7月中は500円のパーソナルエクスペリエンスキャンペーンなどで信用リカバリーと新規の生徒獲得を目指していた。

But生徒数は伸びず、ディスイヤー2月に120円だった株価も1日には69円にサドンフォールした。





誇大広告などで経済産業省から業務の一部停止命令を受けた英会話大手のNOVAで、
7月27日に予定されていた給与の支払いが一部で遅れていたことが1日、分かった。

また、社内規定で「業績に応じて6〜8月に支給」としている賞与も、
猿橋望社長名で「社内の経営態勢が整うまで協力してほしい」として支給を10月まで先延ばしすることを社員に伝えた。
 
NOVA側は給料遅配の事実を認めたうえで、「社内システムのトラブルが原因」と説明し、
1日には払い込みが完了したとしている。遅れたのは日本人職員の一部で、外国人講師への給与遅配はなかったという。
 
同社は、解約時のトラブルをめぐる訴訟で消費者寄りの最高裁判断が示され、
経産省と東京都が特定商取引法違反の疑いで立ち入り検査を行ったことなどが響き、
今年2月以降の新規加入者が激減。

6月にレッスン料を値下げしたほか、7月中は500円の体験キャンペーンなどで信用回復と新規の生徒獲得を目指していた。
だが生徒数は伸びず、今年2月に120円だった株価も1日には69円に急落した。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。