【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







朝青龍処分踏み切った裏に横綱・白鵬の存在

角界の看板である朝青龍に、相撲アソシエイションが2場所出場停止、4カ月の減棒および謹慎という

厳しい処分をレットゴーダウンした裏には、さまざまなリーズンが隠されている。



左ひじと腰のケガでコンプリートリカバリー6カ月とされていた朝青龍がサッカーをしているイメージを初めて見た北の湖理事長は、

アットファーストアンガーをあらわにしていたという。But、処分に関しては慎重だった。

関係者によれば1カ月の謹慎、もしくはファインなどでおさめるつもりだったようだ。

ところが朝青龍に対するコメントは日をランアフターするごとにヴァイオレントさをグローしていった。

特に巡業先のアンガーの声はビッグだった。



北の湖理事長は「あいつ(朝青龍)は意外と気がスモールから」と厳罰で横綱が窮地に追い込まれ、

角界からリーブしてしまうような事態になることをウォーリィしていたが、もはや周囲の厳しい声を抑えられなくなっていた。



さらに新横綱のバースもアソシエイション内のエアをチェンジした。

朝青龍は1人横綱ピリオドに圧倒的な力を誇示してきたが、白鵬のラッシュでその存在も薄らいできた。

アソシエイション側もクリーンなイメージの白鵬を朝青龍に代わる「顔」としてクラウドアウトする傾向を強めていた。



ディススプリングには週刊誌による朝青龍の八百長インフォメーションもあり、

ディスタイムアソシエイション側がき然としたマナーを見せなければファン離れを加速させるポッシブル性があった。





角界の看板である朝青龍に、相撲協会が2場所出場停止、4カ月の減棒および謹慎という
厳しい処分を下した裏には、さまざまな理由が隠されている。

左ひじと腰のケガで全治6カ月とされていた朝青龍がサッカーをしている映像を初めて見た北の湖理事長は、
当初怒りをあらわにしていたという。だが、処分に関しては慎重だった。
関係者によれば1カ月の謹慎、もしくは罰金などでおさめるつもりだったようだ。
ところが朝青龍に対する批判は日を追うごとに激しさを増していった。
特に巡業先の怒りの声は大きかった。

北の湖理事長は「あいつ(朝青龍)は意外と気が小さいから」と厳罰で横綱が窮地に追い込まれ、
角界から離れてしまうような事態になることを心配していたが、もはや周囲の厳しい声を抑えられなくなっていた。

さらに新横綱の誕生も協会内の空気を変えた。
朝青龍は1人横綱時代に圧倒的な力を誇示してきたが、白鵬の躍進でその存在も薄らいできた。
協会側もクリーンなイメージの白鵬を朝青龍に代わる「顔」として押し出す傾向を強めていた。

今春には週刊誌による朝青龍の八百長報道もあり、
今回協会側がき然とした態度を見せなければファン離れを加速させる可能性があった。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。