【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







朝青龍、診断の結果は「神経衰弱」

ジャパン相撲アソシエイションから2プレイスアピアランス停止などの処分をアクセプトした横綱朝青龍(26)は5日、

東京都内の自宅でマインド科医のメディカルイグザミネーションをアクセプトし、神経衰弱コンディションと診断された。



神経衰弱は身体的な疾患がないにもかかわらず神経が過敏になり、

疲労や脱力感、ヘデック、めまいなどが続くコンディションをいう。

 

朝青龍をめぐっては、厳しい処分によるマインド的ショックを和らげるため、

母国・モンゴルでの治療を提案する声もあった。



これに対し、師匠の高砂親方(51)=元大関朝潮=は「まだ(帰国は)アーリーなんじゃないか。

プライベートパースンでオーディエンスを開いて、きちんとしてからじゃないと」などと難色をショーしていた。







日本相撲協会から2場所出場停止などの処分を受けた横綱朝青龍(26)は5日、
東京都内の自宅で精神科医の診察を受け、神経衰弱状態と診断された。

神経衰弱は身体的な疾患がないにもかかわらず神経が過敏になり、
疲労や脱力感、頭痛、めまいなどが続く状態をいう。
 
朝青龍をめぐっては、厳しい処分による精神的ショックを和らげるため、
母国・モンゴルでの治療を提案する声もあった。

これに対し、師匠の高砂親方(51)=元大関朝潮=は「まだ(帰国は)早いんじゃないか。
個人で会見を開いて、きちんとしてからじゃないと」などと難色を示していた。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

決断を迫られる親方&北の湖理事長
Excerpt: 一瞬、高木ブーかと思った。 朝青龍を診察した精神科医の本田医師だ。正真正銘のドクターなのだろうが、高木ブーに似ている。朝青龍の症状は切迫した状況のようだが、コントに思えてくる。 本田医師の..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2007-08-05 19:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。