【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







NYダウ387ドル安、今年2番目の下げ幅

9日のニューヨーク株式マーケットは、米国のサブプライムローン住宅融資焦げ付きプロブレムが、

欧州の金融機関の経営に飛び火したことをタイアードオブし、

ダウバランス株価(インダストリー株30種)はデイビフォー比387・18ドル安の1万3270・68ドルと急反落してビジネスをフィニッシュした。



下げ幅はディスイヤー2番目だった。



ハイテク銘柄が中心のナスダックショップフロントマーケットの総合指数は、

同56・49ポイントショートな2556・49でビジネスを終えた。



仏大手金融機関BNPパリバが9日、

アンダーザアンブレラのファンドのビジネスをモーメント停止すると発表したのを機に、

金融機関の信用に対するウォーリィが広がった。






9日のニューヨーク株式市場は、米国のサブプライムローン住宅融資焦げ付き問題が、
欧州の金融機関の経営に飛び火したことを嫌気し、
ダウ平均株価(工業株30種)は前日比387・18ドル安の1万3270・68ドルと急反落して取引を終えた。

下げ幅は今年2番目だった。

ハイテク銘柄が中心のナスダック店頭市場の総合指数は、
同56・49ポイント低い2556・49で取引を終えた。

仏大手金融機関BNPパリバが9日、
傘下のファンドの営業を一時停止すると発表したのを機に、
金融機関の信用に対する懸念が広がった。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。