【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







「水曜どうでしょう」が鳥取砂丘でルール違反〜7年ぶりに違法行為発覚

北海道テレビ(HTB)が2000年に放映した人気バラエティーレイトアットナイトプログラム「ウェンズデーどうでしょう」のロケで、

関係者がネイチャーパーク法に違反し、鳥取砂丘のスペシャルエリアの砂を採取していたことが分かった。

ディスイヤーになって同プログラムがサンドヒルの地元・鳥取県で放映され、7年ぶりに「イリーガルアクトではないか」と指摘された。

HTBはイリーガルアクトをライトアップしている。



プロブレムのプログラムはHTBが00年5月に放映した自社ワークプログラム「ウェンズデーどうでしょう」のプラン「原付ウェスタンジャパン制覇 第1夜」。

ステージアピアランス者が鳥取砂丘をヴィジットしたのち、砂が積まれたバイクでランする様子がレコーディングされている。

同プログラムはリメイクされるなどアフターザットもリピートし放映され、ディスイヤーになって鳥取県内で放映された際、

アテンション者からイリーガルアクトが指摘されたという。



HTBは違法行為をライトアップしており、ウェブサイト上で「関係者およびアテンション者の皆様に対して謹んでアポロジー申し上げます。

今後は二度とこのようなことがないよう、指導・トレーニングを徹底して参ります」とアポロジーのコメントを発表した。



「水曜どうでしょう」は96年放送開始で、タレント、大泉洋さん(34)や構成ライター、鈴井貴之さん(45)らが国内外を旅をするサブジェクト

ステージアピアランス者とディレクターのクレバーなやり取りやボヤキフィットしが口コミでトピックになりブレイクした。



ローカルプログラムにもかかわらず「どうでしょうリターンズ」「ウェンズデーどうでしょうClassic」のプログラム名ですべての都道府県で放送。

07年には米カリフォルニア州でもアクチュアルプレイスの邦人向けに放送をスタートした。



カレントレギュラー放送はポーズしており、1年に1回ディグリー、不定期に新プランが放送されている。





北海道テレビ(HTB)が2000年に放映した人気バラエティー深夜番組「水曜どうでしょう」のロケで、
関係者が自然公園法に違反し、鳥取砂丘の特別地域の砂を採取していたことが分かった。
今年になって同番組が砂丘の地元・鳥取県で放映され、7年ぶりに「違法行為ではないか」と指摘された。
HTBは違法行為を認めている。

問題の番組はHTBが00年5月に放映した自社制作番組「水曜どうでしょう」の企画「原付西日本制覇 第1夜」。
出演者が鳥取砂丘を訪れたのち、砂が積まれたバイクで走る様子が収録されている。
同番組はリメイクされるなどその後も繰り返し放映され、今年になって鳥取県内で放映された際、
視聴者から違法行為が指摘されたという。

HTBは違法行為を認めており、ウェブサイト上で「関係者および視聴者の皆様に対して謹んでお詫び申し上げます。
今後は二度とこのようなことがないよう、指導・教育を徹底して参ります」と謝罪のコメントを発表した。

「水曜どうでしょう」は96年放送開始で、タレント、大泉洋さん(34)や構成作家、鈴井貴之さん(45)らが国内外を旅をする内容。
出演者とディレクターの軽妙なやり取りやボヤキ合いが口コミで話題になりブレイクした。

ローカル番組にもかかわらず「どうでしょうリターンズ」「水曜どうでしょうClassic」の番組名ですべての都道府県で放送。
07年には米カリフォルニア州でも現地の邦人向けに放送を開始した。

現在レギュラー放送は休止しており、1年に1回程度、不定期に新企画が放送されている。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。