【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







円、118円台前半=米株の下げ渋りで小幅下落〔NY外為〕(10日)


週末10日のニューヨークフォーリンカントリーマネーオーダーマーケットの円マーケットプライスは、サドンフォールして始まった米株価が値をプットバックしたことでドル買いが優勢となり、小幅フォールした。

アフターヌーン5時カレントは1ドル=118円37―47銭とデイビフォー同タイム(118円10―20銭)比27銭の円安・ドル高。

 

円はトゥウォードモーニング、モーメント117円21銭まで上伸。

欧州株が住宅金融アングザイエティーの拡大をタイアードオブした売りに大幅安となったことで、リスク回避のアクティビティーがゲットストロングし、

低金利の円を売ってエクスペンシブマネー通貨で運用する「円キャリービジネス」の解消が進んだ。

 

米株式マーケットプライスも寄り付き直後からサドンフォールしたため、円はしばらくストロングフィーリングで推移。

ただ、米金融当局が3度にわたって実施したエマージェンシーのキャピタル供給をグッドフィーリングして株価がモーメントプラス圏に浮上すると、ドルをバイバックするアクティビティーがアクティブになり、

118円台セカンドハーフまでフォールした。その後は118円台ファーストハーフでもみ合いが続いた。

 

マーケット関係者は、株安の背景にある低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げインプレッション急増に絡む信用アングザイエティーのプロブレムは解決したわけではなく、

「ドルがどんどんと上がることはない」(邦銀)としながらも、ショートターム的には調整が済んだポッシブル性があると指摘。



ネクストウィークオンアンドアフターのマーケットプライスは「リードしづらい」(同)とした上で、

株価にアッドし、小売売上高や消費者物価指数、住宅着工ナンバーなどのビジネス指標をにらみながらの展開になると予想した。




週末10日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、急落して始まった米株価が値を戻したことでドル買いが優勢となり、小幅下落した。
午後5時現在は1ドル=118円37―47銭と前日同時刻(118円10―20銭)比27銭の円安・ドル高。
 
円は朝方、一時117円21銭まで上伸。
欧州株が住宅金融不安の拡大を嫌気した売りに大幅安となったことで、リスク回避の動きが強まり、
低金利の円を売って高金利通貨で運用する「円キャリー取引」の解消が進んだ。
 
米株式相場も寄り付き直後から急落したため、円はしばらく強含みで推移。
ただ、米金融当局が3度にわたって実施した緊急の資金供給を好感して株価が一時プラス圏に浮上すると、ドルを買い戻す動きが活発になり、
118円台後半まで下落した。その後は118円台前半でもみ合いが続いた。
 
市場関係者は、株安の背景にある低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き急増に絡む信用不安の問題は解決したわけではなく、
「ドルがどんどんと上がることはない」(邦銀)としながらも、短期的には調整が済んだ可能性があると指摘。

来週以降の相場は「読みづらい」(同)とした上で、
株価に加え、小売売上高や消費者物価指数、住宅着工件数などの経済指標をにらみながらの展開になると予想した。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。