【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







中田英寿氏HPで“仮病疑惑”に初言及「頑張れ、朝青龍!!」

サッカー元ジャパンタイプの中田英寿氏(30)が10日、バイワンセルフのオフィシャルHP『nakata.net』で、朝青龍騒動に初めてリファレンスした。



朝青龍の“仮病ダウト”のコーズになったラストマンス25日のモンゴル・ウランバートルでのチャリティー・サッカーマッチにともにアピアランスした中田氏は、

「朝青龍」というタイトルのメッセージをアップ。



モンゴルでは食事の際も腕のペインを気にしていたことなどをパスし、バッシングへの冷静なデシジョンリクエストするサブジェクトだった。



中田氏は、遊びディグリーのサッカーをするにはプロブレムはないものの次場所に万全の体調でルックアウトオンするために夏巡業を回避したポッシブル性を指摘。

本当に“仮病”なのかをまずはっきりさせることがインポータントとした上で、「スタンドファーム、朝青龍!!」と締めくくっている。










サッカー元日本代表の中田英寿氏(30)が10日、自身の公式HP『nakata.net』で、朝青龍騒動に初めて言及した。

朝青龍の“仮病疑惑”の原因になった先月25日のモンゴル・ウランバートルでのチャリティー・サッカー試合にともに出場した中田氏は、
「朝青龍」というタイトルのメッセージをアップ。

モンゴルでは食事の際も腕の痛みを気にしていたことなどを明かし、バッシングへの冷静な判断を求める内容だった。

中田氏は、遊び程度のサッカーをするには問題はないものの次場所に万全の体調で臨むために夏巡業を回避した可能性を指摘。
本当に“仮病”なのかをまずはっきりさせることが大事とした上で、「頑張れ、朝青龍!!」と締めくくっている。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。