【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







<三洋電機>携帯電話事業の売却検討 経営建て直しで

経営再建中の三洋電機が、メインフォースの携帯テレフォンビジネスのセールをイグザミネーションしていることが11日、分かった。

複数の国内の携帯端末メーカーに打診をスタートしている。



三洋は、メインフォースビジネスの一つである半導体ビジネスのセールもディサイドしており、

リピートして使える二次電池など有望なフィールドに集中して経営の建て直しを図るシンキングだ。

 

金融機関を通じて、京セラやシャープなどに打診している。

ただ、セール額や従業員の処遇などコンディションが折り合わなければ、アナザーカンパニーとの提携にチェンジするポッシブル性もある。

 

携帯電話事業は数年前まで、稼ぎ頭のビジネスの一つだったが、

強みの米国マーケットでの販売が振るわないうえ、国内の競争激化などもあって最近はハードファイトしている。



携帯が中心の電話機ビジネスの06イヤーの売上高は前年度比10%減の3402億円にとどまり、ビジネス赤字になった。

07年4?6月期の売上高もラストイヤーセイムピリオド比43%減と低迷し、

イヤーの販売マークをアットファーストホープより約1割少ない1100万台に下方フィックスした。




経営再建中の三洋電機が、主力の携帯電話事業の売却を検討していることが11日、分かった。
複数の国内の携帯端末メーカーに打診を始めている。

三洋は、主力事業の一つである半導体事業の売却も決めており、
繰り返して使える二次電池など有望な分野に集中して経営の建て直しを図る考えだ。
 
金融機関を通じて、京セラやシャープなどに打診している。
ただ、売却額や従業員の処遇など条件が折り合わなければ、他社との提携に切り替える可能性もある。
 
携帯電話事業は数年前まで、稼ぎ頭の事業の一つだったが、
強みの米国市場での販売が振るわないうえ、国内の競争激化などもあって最近は苦戦している。

携帯が中心の電話機事業の06年度の売上高は前年度比10%減の3402億円にとどまり、営業赤字になった。
07年4〜6月期の売上高も前年同期比43%減と低迷し、
年間の販売目標を当初見込みより約1割少ない1100万台に下方修正した。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三洋電機
Excerpt: 三洋電機|略称 = サンヨー、三洋、SANYO|国籍 = |郵便番号 = 570-8677|本社所在地 = 大阪府守口市京阪本通2-5-5|電話番号 = |設立 =..
Weblog: ゆうみの部屋
Tracked: 2007-08-25 05:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。