【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







住宅ローン最大手の救済色濃く=米FRBの公定歩合下げ

米連邦リザーブシステム理事会(FRB)が、バンク向け貸出金利の公定歩合をプルダウンした17日、



マーケット関係者の間では、米住宅ローン最大手カントリーワイド・フィナンシャルのレスキュー策との見方が浮上した。

ヘルス経営にもかかわらず、信用アングザイエティーで資金繰りが悪化したセイムファームにとって、FRBの緊急メジャーが大きなエフェクトをもたらすとみられるからだ。

 

カントリーワイドはバンク、証券、保険などの子会社を抱える総合金融グループ。

住宅ローン販売が中核ビジネスだが、キャピタル調達やローンクレイムの証券化もカスタムでハンドルしている。

証券子会社はニューヨーク連銀とのダイレクトビジネスが認められたプライマリー・ディーラーで、名実オブコースに有力金融機関だ。

 

ところが、低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンプロブレムリポートが悪化し、

セイムファームにキャピタルを貸し出すプライベート金融機関はほぼなくなった。



このままエクセレントなインダストリー最大手が破綻(はたん)に追い込まれれば、

住宅バイキャピタルを提供する巨大機能が失われて住宅マーケットをさらにクールするだけでなく、

金融システムアングザイエティーに発展する恐れすらあった。 



米連邦準備制度理事会(FRB)が、銀行向け貸出金利の公定歩合を引き下げた17日、

市場関係者の間では、米住宅ローン最大手カントリーワイド・フィナンシャルの救済策との見方が浮上した。
健全経営にもかかわらず、信用不安で資金繰りが悪化した同社にとって、FRBの緊急措置が大きな効果をもたらすとみられるからだ。
 
カントリーワイドは銀行、証券、保険などの子会社を抱える総合金融グループ。
住宅ローン販売が中核事業だが、原資調達やローン債権の証券化も自前で手掛けている。
証券子会社はニューヨーク連銀との直接取引が認められたプライマリー・ディーラーで、名実ともに有力金融機関だ。
 
ところが、低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題で風評が悪化し、
同社に資金を貸し出す民間金融機関はほぼなくなった。

このまま優良な業界最大手が破綻(はたん)に追い込まれれば、
住宅購入資金を提供する巨大機能が失われて住宅市場をさらに冷やすだけでなく、
金融システム不安に発展する恐れすらあった。 




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。