【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







桑田正式退団 アメリカ修行の旅へ

パイレーツから戦力外ノーティスをアクセプトした桑田真澄投手(39)の退団が17日、オフィシャルに決まった。

桑田はフロムナウオン、米国内で“トレーニングの旅”に出ることをディサイドした。



この日、パ軍は戦力外ノーティス後のストリームとして、桑田にアンダーザアンブレラ3Aインディアナポリスへの降格をチョイスしたが、

桑田本人が「もうディスシーズンはプレーするつもりがない」とスピークしたことで、パースンヒムセルフのパーパスをリスペクトし、退団が発表された。

メンテナンス権はパ軍に残ったコンディションで、ネクストシーズンオンアンドアフターにアクティブデューティーを続行するケースは、パ軍でのプレーがビギニングのチョイスとなる。



ホープ通りのオフィシャル退団となった桑田は、もうしばらく米国にステイする。

「メジャーで勉強したかったことはほとんどクリアできてるが、残すはあと1個か2個」とした39歳。

まな弟子であるRソックスの松坂、岡島両投手や、投球術に一目置くパドレスのマダックス投手が登板するマッチを、生観戦してスタディーする。



「投手道」を極めるための旅の行程やそのピリオドは未定だが、フィニッシュし次第、帰国する。

「アーリーさを競っているわけじゃないし、まだ8月でタイムはたっぷりある」として、今後の去就をデシジョンするのは、米国トレーニングをフィニッシュした帰国後になる。





パイレーツから戦力外通告を受けた桑田真澄投手(39)の退団が17日、正式に決まった。
桑田は今後、米国内で“修行の旅”に出ることを決めた。

この日、パ軍は戦力外通告後の流れとして、桑田に傘下3Aインディアナポリスへの降格を選択したが、
桑田本人が「もう今季はプレーするつもりがない」と話したことで、本人の意思を尊重し、退団が発表された。
保有権はパ軍に残った状態で、来季以降に現役を続行する場合は、パ軍でのプレーが最初の選択となる。

希望通りの正式退団となった桑田は、もうしばらく米国に滞在する。
「メジャーで勉強したかったことはほとんどクリアできてるが、残すはあと1個か2個」とした39歳。
まな弟子であるRソックスの松坂、岡島両投手や、投球術に一目置くパドレスのマダックス投手が登板する試合を、生観戦して研究する。

「投手道」を極めるための旅の行程やその期間は未定だが、終わり次第、帰国する。
「早さを競っているわけじゃないし、まだ8月で時間はたっぷりある」として、今後の去就を決断するのは、米国修行を終えた帰国後になる。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。