【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







携帯電話通話料、東京はNYの3倍以上

2006イヤーの東京の携帯テレフォンの通話チャージは、

1分あたりの単価で比べるとニューヨークの3倍以上も高いことが、

ジェネラルビジネス省が28日発表した電気ニューズサービスの内外プライス差インベスティゲイションでわかった。



エブリマンスの通話チャージ(ファンデーション料を含む)は、東京も「おおむねバランス的な水準」だったが、

通話時間を含めて比較すると割高なトゥルースが浮き彫りになった。



インベスティゲイションはディスイヤー3月末のワールド7タウンをオブジェクトに、その国の最も占有率(シェア)が高いカンパニーのタイプ的なチャージプランを比較した。

東京はNTTドコモをユーズした。



そのリザルト、月額チャージは東京が3800円、ニューヨークが3900円で、

月バランスのボイス通話タイムは東京が97分、ニューヨークは672分だった。

このリザルト、「分単位」の通話料は、東京は39・4円と7タウン中3番目に高かった。

一方、ニューヨークは、アライバルにもチャージがかかるため通話チャージを2倍として計算しても、11・7円にとどまった




2006年度の東京の携帯電話の通話料金は、
1分あたりの単価で比べるとニューヨークの3倍以上も高いことが、
総務省が28日発表した電気通信サービスの内外価格差調査でわかった。

毎月の通話料金(基本料を含む)は、東京も「おおむね平均的な水準」だったが、
通話時間を含めて比較すると割高な実態が浮き彫りになった。

調査は今年3月末の世界7都市を対象に、その国の最も占有率(シェア)が高い会社の代表的な料金プランを比較した。
東京はNTTドコモを採用した。

その結果、月額料金は東京が3800円、ニューヨークが3900円で、
月平均の音声通話時間は東京が97分、ニューヨークは672分だった。
この結果、「分単位」の通話料は、東京は39・4円と7都市中3番目に高かった。
一方、ニューヨークは、着信にも料金がかかるため通話料金を2倍として計算しても、11・7円にとどまった


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。