【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







『HERO』興行収入10億! 『ヱヴァ』を抜く!

ジャパンムービー史上パーストマキシマムとなる475スクリーンで公開されトピックのムービー『HERO』(東宝)が、

公開初日9月8日(土)から2タイムで、動員約75万人を記録し、興収10億円を突破したことが、ショービジネスニューズ社のインベスティゲイションでわかった。

『ヱヴァンゲリヲン新シアター版:序』は、初日2タイムで、約2億8千万円だった。







ムービー『HERO』は、2001年、フジテレビ系列で放送され大ヒットとなった木村拓哉主演のドラマ『HERO』のムービー版。

ドラマでは、主人公である“型破りの検事”久利生公平が、イベントの大小に関わらずトゥルースを追い求める姿が人気を呼び、

全エピソードのバランスアテンション率は30%以上を記録したという。



ムービー版では今までにない試練の前で完全に行き詰まる久利生の姿をドローする。

ドラマのレギュラー陣にアッドし、松本幸四郎、森田一義(タモリ)、イ・ビョンホンらのステージアピアランスもトピックとなっている。



客層は男女比31:69。エイジ別では20代が31.7%以上と最も高く、続いて40代20.4%、30代17.2%、16歳?19歳15.9%とワイドに、

ビジネス別ではカンパニー員が46.5%と約ハーフザナンバーを占めた。



鑑賞動機としては、「テレビシリーズのファンだから」やサブジェクトへのホープにアッドし、

「木村拓哉のファンだから」「ステージアピアランス者が魅力的」という声もメニーきかれた。



97.4%がテレビシリーズを何らかの形で見ていたとアンサーし、満足度も98.9%と近年稀に見る高評価を獲得。

客層のワイドさや口コミでのスプレッドし、ドラマサインオブライフを考慮すると、100億円も射程圏内といえるメガヒットスタートとなった。






日本映画史上過去最大となる475スクリーンで公開され話題の映画『HERO』(東宝)が、
公開初日9月8日(土)から2日間で、動員約75万人を記録し、興収10億円を突破したことが、興行通信社の調べでわかった。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は、初日2日間で、約2億8千万円だった。



映画『HERO』は、2001年、フジテレビ系列で放送され大ヒットとなった木村拓哉主演のドラマ『HERO』の映画版。
ドラマでは、主人公である“型破りの検事”久利生公平が、事件の大小に関わらず真実を追い求める姿が人気を呼び、
全エピソードの平均視聴率は30%以上を記録したという。

映画版では今までにない試練の前で完全に行き詰まる久利生の姿を描く。
ドラマのレギュラー陣に加え、松本幸四郎、森田一義(タモリ)、イ・ビョンホンらの出演も話題となっている。

客層は男女比31:69。年齢別では20代が31.7%以上と最も高く、続いて40代20.4%、30代17.2%、16歳〜19歳15.9%と幅広く、
職業別では会社員が46.5%と約半数を占めた。

鑑賞動機としては、「テレビシリーズのファンだから」や内容への期待に加え、
「木村拓哉のファンだから」「出演者が魅力的」という声も多くきかれた。

97.4%がテレビシリーズを何らかの形で見ていたと答え、満足度も98.9%と近年稀に見る高評価を獲得。
客層の広さや口コミでの広がり、ドラマ人気を考慮すると、100億円も射程圏内といえるメガヒットスタートとなった。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。