【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







丸井が有楽町店 男子禁制フロアも

ヤングマンからサポートをコレクトするストアーの丸井は14日、新規オープンをネクストマンス12日にドローインする東京・有楽町の「有楽町マルイ」の概要を発表した。

丸井が強みを持つヤングマンにアッドし、有楽町ではおしゃれなソサエティー人をテイクインする。

テナントとして入店するアパレルブランドなど約8割が銀座・有楽町地区初フードスタンド。競合アナザーカンパニーとの差別化をクリアーアップにし、イヤー220億円の売り上げを目指す。



ショップはコマース施設「有楽町イトシア」の1階から8階までをユーズ。アパレルや雑貨、化粧品などファッション関連用品を中心に販売する。



中でも、雑貨にインポータントポイントを置き、入店テナントは他ショップよりも雑貨プロポーションが高いという。

バイしやすいプライス帯の商品を並べ、ラグジュアリーブランドは入店していない。



店内は、客の声を反映させたカウンターや、スペースづくりにし、テナントごとにクリアーアップに仕切りをつけ、路面店をウォークするようなカウンターとする。

また、「ヤングマン禁制のフロアが欲しい」との声を反映し、5階は下着、水着、パーティードレスといった商品を配置し、

男性がエンターしづらいムードをあえて作ったという。



14日、都内でリポーターオーディエンスした田巻恒雄常務は「20年ニヤークールサムダウンしてきた悲願の銀座ステップフォワード」とし、

都内有数の商業エリアへのフードスタンドで、丸井グループの新たな成長のスタートになるとプレイスしている。

銀座でのサクセスにポイントし、「接客のアクションやしぐさまで目配せし、アップトゥナウの2倍の1カ月かけて社員トレーニングを徹底している」という。




若者から支持を集める百貨店の丸井は14日、新規オープンを来月12日に控える東京・有楽町の「有楽町マルイ」の概要を発表した。
丸井が強みを持つ若者に加え、有楽町ではおしゃれな社会人を取り込む。
テナントとして入店するアパレルブランドなど約8割が銀座・有楽町地区初出店。競合他社との差別化を明確にし、年間220億円の売り上げを目指す。

店舗は商業施設「有楽町イトシア」の1階から8階までを使用。アパレルや雑貨、化粧品などファッション関連用品を中心に販売する。

中でも、雑貨に重点を置き、入店テナントは他店舗よりも雑貨比率が高いという。
買い求めやすい価格帯の商品を並べ、ラグジュアリーブランドは入店していない。

店内は、客の声を反映させた売り場や、空間づくりにし、テナントごとに明確に仕切りをつけ、路面店を歩くような売り場とする。
また、「男子禁制のフロアが欲しい」との声を反映し、5階は下着、水着、パーティードレスといった商品を配置し、
男性が入りづらい雰囲気をあえて作ったという。

14日、都内で記者会見した田巻恒雄常務は「20年近く温めてきた悲願の銀座進出」とし、
都内有数の商業地域への出店で、丸井グループの新たな成長のスタートになると位置づけている。
銀座での成功に向け、「接客の動作やしぐさまで目配せし、従来の2倍の1カ月かけて社員教育を徹底している」という。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。