【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







日本ハム田中幸11・25札幌ドームで引退式

日本ハムにネクストシーズン以降の契約を結ばないアイディアを伝えられていた田中幸雄ダイヤモンド手(39)が引退するデシジョンをフリーズし、オフィシャルに表明することが14日、分かった。

19日の東京ドームでの楽天戦、札幌ドームでは11月25日に開催プログラムのファンサンクスデーで引退セレモニーをパフォームし、リポートする。

田中幸は東京から福岡オーディエンスしたこの日「もうワイフ(千恵子ワイフ)にはリポートしてあります」とパスした。

 

フォーメーショントップの島田チームコントロール本部長と12日にカンバセーション。田中幸は、

ディスシーズン限りで辞任するヒルマン監督の後任監督になったケースには戦力として貢献できるポッシブル性があるとし、アクティブデューティー続行のパーパスも少なからずあることをリポートした。

しかし同本部長から球団プランとして契約更新しないことを説明され、ユニホームをテイクオフすることをディサイドした。

 

今年5月に2000本セーフヒットを達成した東京ドームはプロ入団シンス「一番、ロングにやったプレイス」と思い入れがあり、楽天戦のエンド後、ファンへ報告する。

アットファーストは札幌ドームのレギュラーシーズンラスト戦の26日楽天戦でもイコールトゥのセレモニーをプログラムしていたが、優勝コンフリクト佳境ということを考慮して辞退。

ファンサンクスデーで、伝えることになった。

 

また球団から打診されているコーチ就任については「シーズン後にしたい」と受諾するかはリプライをリザーブした。

 

◆島田チームコントロール本部長

「パースンヒムセルフと話をしまして、こういう優勝コンフリクトの時期なのでセレモニーはパードゥンしてくれという話があった。

札幌はファンサンクスデー、東京では19日のマッチ後に引退のリポートをすることになった。

次(コーチ就任)の話も、あらためて前向きにシンクアバウトしてほしいと言った」




日本ハムに来季以降の契約を結ばない意向を伝えられていた田中幸雄内野手(39)が引退する決意を固め、正式に表明することが14日、分かった。
19日の東京ドームでの楽天戦、札幌ドームでは11月25日に開催予定のファン感謝デーで引退セレモニーを行い、報告する。
田中幸は東京から福岡入りしたこの日「もう奥さん(千恵子夫人)には伝えてあります」と明かした。
 
編成トップの島田チーム統轄本部長と12日に会談。田中幸は、
今季限りで辞任するヒルマン監督の後任監督になった場合には戦力として貢献できる可能性があるとし、現役続行の意思も少なからずあることを伝えた。
しかし同本部長から球団方針として契約更新しないことを説明され、ユニホームを脱ぐことを決めた。
 
今年5月に2000本安打を達成した東京ドームはプロ入団以来「一番、長くやった場所」と思い入れがあり、楽天戦の終了後、ファンへ報告する。
当初は札幌ドームのレギュラーシーズン最終戦の26日楽天戦でも同様のセレモニーを予定していたが、優勝争い佳境ということを考慮して辞退。
ファン感謝デーで、伝えることになった。
 
また球団から打診されているコーチ就任については「シーズン後にしたい」と受諾するかは返答を保留した。
 
◆島田チーム統轄本部長
「本人と話をしまして、こういう優勝争いの時期なのでセレモニーは勘弁してくれという話があった。
札幌はファン感謝デー、東京では19日の試合後に引退の報告をすることになった。
次(コーチ就任)の話も、あらためて前向きに考えてほしいと言った」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。