【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







古田監督 19日に引退と退団発表へ

ヤクルト・古田敦也監督(42)のディスシーズン限りでのアクティブデューティー引退と退団が、19日にも発表されることが17日、分かった。

引退は体力のリミット、退団はレコード不振のデューティーをテイクするためで、球界29年ぶりの兼任監督は2年のショートライフでユニホームをテイクオフする。



兼任監督として2年目のディスシーズンは開幕直後から出遅れ、ホーストコンピューターコンフリクトに絡むことができないままローランクに低迷。

また、選手としてもライトショルダー痛のエフェクトでアピアランスわずか3マッチと不本意なシーズンとなった。



球団側は18イヤーヤクルト一筋でプレーしてきた貢献度も考慮し、8月4日に鈴木球団カンパニープレジデントが専任監督としてのネクストシーズン続投をクレイム。

マナーをリザーブした古田監督に対し、ここまで慰留に努めてきた。

しかし、低迷のデューティーをフィールして退団のパーパスをフリーズしている古田監督を翻意させるのはディフィカルティとデシジョン。

2年の監督契約が切れるディスシーズン限りでの退団がオフィシャルに決まった。



シーズンオンザウェイでの退団発表となるが、すでにクライマックスシリーズステップフォワードは絶望。

鈴木球団カンパニープレジデントも「ディレクション性が出たら早めにリポートする」と話している。

引退マッチは10月7日のラスト戦(対広島、神宮)とするディレクションで調整されており、

古田監督は残りマッチにホールエナジーで采配を振ることになる。







ヤクルト・古田敦也監督(42)の今季限りでの現役引退と退団が、19日にも発表されることが17日、分かった。
引退は体力の限界、退団は成績不振の責任を取るためで、球界29年ぶりの兼任監督は2年の短命でユニホームを脱ぐ。

兼任監督として2年目の今季は開幕直後から出遅れ、上位争いに絡むことができないまま下位に低迷。
また、選手としても右肩痛の影響で出場わずか3試合と不本意なシーズンとなった。

球団側は18年間ヤクルト一筋でプレーしてきた貢献度も考慮し、8月4日に鈴木球団社長が専任監督としての来季続投を要請。
態度を保留した古田監督に対し、ここまで慰留に努めてきた。
しかし、低迷の責任を感じて退団の意思を固めている古田監督を翻意させるのは困難と判断。
2年の監督契約が切れる今季限りでの退団が正式に決まった。

シーズン途中での退団発表となるが、すでにクライマックスシリーズ進出は絶望。
鈴木球団社長も「方向性が出たら早めに報告する」と話している。
引退試合は10月7日の最終戦(対広島、神宮)とする方向で調整されており、
古田監督は残り試合に全力で采配を振ることになる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。