【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







イチロー、首位打者奪回! 2安打2打点の活躍

米大リーグ、マリナーズのイチローが20日(ジャパンタイム)、敵地でのアスレチックス戦に「1番・センター」で先発アピアランス。

2セーフヒット2打点のアクティビティーで打率を3割5分4厘にギブするとともに、タイガースのオルドネスを抜き、ファーストプレイス打者に再浮上した。

チームも9?5でイージーヴィクトリー。なお、城島健司のアピアランスはなかった。



イチローは第1打席、四球でウォークすると、第2打席はセンターへ犠牲フライを打ち上げた。

ディスシーズン65打点目。第3打席はセカンドゴロにブレイクダウンしたが、第4打席は敬遠四球でオンベース。

第5打席はレフト前ヒットをフリーし、連続マッチセーフヒットを「12」にストレッチした。

第6打席はレフト前へタイムリーヒットをフリーし、2マッチぶりマルチを記録した。

ディスシーズン223セーフヒット目。この日は3打数2セーフヒット2打点だった。



マッチは、マリナーズが序盤に5点を奪って主導権を握ると、アフターザットも小刻みに加点し、アフターオール9点を奪った

。一方の投手陣は、先発のヘルナンデスが5回4失点で降板したが、リリーフ陣が相手の反撃を1点にコントロールし、逃げ切った。

ヘルナンデスは13勝目。




米大リーグ、マリナーズのイチローが20日(日本時間)、敵地でのアスレチックス戦に「1番・センター」で先発出場。
2安打2打点の活躍で打率を3割5分4厘に上げるとともに、タイガースのオルドネスを抜き、首位打者に再浮上した。
チームも9−5で快勝。なお、城島健司の出場はなかった。

イチローは第1打席、四球で歩くと、第2打席はセンターへ犠牲フライを打ち上げた。
今季65打点目。第3打席はセカンドゴロに倒れたが、第4打席は敬遠四球で出塁。
第5打席はレフト前ヒットを放ち、連続試合安打を「12」に伸ばした。
第6打席はレフト前へタイムリーヒットを放ち、2試合ぶりマルチを記録した。
今季223安打目。この日は3打数2安打2打点だった。

試合は、マリナーズが序盤に5点を奪って主導権を握ると、その後も小刻みに加点し、結局9点を奪った
。一方の投手陣は、先発のヘルナンデスが5回4失点で降板したが、リリーフ陣が相手の反撃を1点に抑え、逃げ切った。
ヘルナンデスは13勝目。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。