【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







小栗旬が24歳で高校生を“卒業”

サインオブライフアニメ「名探偵コナン」のアナザーストーリーがディスウィンター、日本テレビ系で実写ドラマ化されることが18日、分かった。

グレードスクールスチューデントのコナンが、フードのアクションで高校生にターンバックするコミックにはないオリジナル作で、主演はアクター小栗旬(24)。

小栗は、98年「GTO」からディスイヤーの「花ざかりの君たちへ」まで9イヤーも高校生をパフォームしているが、

ディスタイムが「ラストのユニフォーム姿」になるという。



日本で最も“旬”でユニフォームのスートするヤングマン高校生役といえば小栗だ。

前述のドラマ以外でも「ごくせん」や「花よりヤングマン」など、

イケメン高校生として、存在感をショーしてきた。

But、その小栗も、ディスイヤー12月26日に25回目のバース日を迎える。

「四捨五入すると30歳ですから。さすがに恥ずかしい。ユニフォームには、抵抗がありますよ」。

プログラムスタッフらによると、小栗はディスタイムのコナンをラストの高校生役にするアイディアだという。

ファンにとっては、ユニフォーム姿の見納めとなりそうだ。

 

コナンの実写版はラストイヤー10月に第1弾が放送されており、

この時も、原作の青山剛昌氏たってのホープで小栗が主演だった。

ラストイヤー放送分は、ジーニアス高校生・工藤新一がある薬物を飲まされ、

グレードスクールスチューデントの江戸川コナンになってしまうアゴーの「エピソード0」として放送された。

 

今回は、パーティーミーティングプレイスでイートしたフードがコーズで、コナンが高校生にターンバックする設定で、工藤新一としてイベントを解決する。

高校生の新一の彼女だった毛利蘭は黒川智花、その父で探偵の毛利小五郎は陣内孝則がパフォームする。

また、コナン役もチャイ


人気アニメ「名探偵コナン」のアナザーストーリーが今冬、日本テレビ系で実写ドラマ化されることが18日、分かった。
小学生のコナンが、食べ物の作用で高校生に戻る漫画にはないオリジナル作で、主演は俳優小栗旬(24)。
小栗は、98年「GTO」から今年の「花ざかりの君たちへ」まで9年間も高校生を演じているが、
今回が「最後の制服姿」になるという。

日本で最も“旬”で制服の似合う男子高校生役といえば小栗だ。
前述のドラマ以外でも「ごくせん」や「花より男子」など、
イケメン高校生として、存在感を示してきた。
だが、その小栗も、今年12月26日に25回目の誕生日を迎える。
「四捨五入すると30歳ですから。さすがに恥ずかしい。制服には、抵抗がありますよ」。
番組スタッフらによると、小栗は今回のコナンを最後の高校生役にする意向だという。
ファンにとっては、制服姿の見納めとなりそうだ。
 
コナンの実写版は昨年10月に第1弾が放送されており、
この時も、原作の青山剛昌氏たっての希望で小栗が主演だった。
昨年放送分は、天才高校生・工藤新一がある薬物を飲まされ、
小学生の江戸川コナンになってしまう以前の「エピソード0」として放送された。
 
今回は、パーティー会場で食べた食物が原因で、コナンが高校生に戻る設定で、工藤新一として事件を解決する。
高校生の新一の彼女だった毛利蘭は黒川智花、その父で探偵の毛利小五郎は陣内孝則が演じる。
また、コナン役も子役オーディションで選ばれ、初めて実写版コナンが登場する。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。