【PR】これでツイッターを極める Twitter活用DVD
探し物は何ですか?







“アキバ系”社長プロ 三塚が初V

ウーマンゴルフツアーのミヤギテレビ杯ダンロップウーマンオープンラスト日は23日、

宮城県宮城郡の利府ゴルフクラブ(6496ヤード、パー72)で行われ、

マンガライクベリィマッチ、ゲーム大好きの“アキバ系ゴルファー”三塚優子(23)が71で回り、トータル8アンダーで初優勝を飾った。

初のラスト日ラスト組の緊張感にも負けず、デイビフォーからの首位をプロテクトしきった。

カンパニー社長も兼任するディッファレントカラーキャラ。ツアー参戦1年目で優勝をキャリーアウトし、ディスウィークから1イヤー有効な優勝者シードも獲得。

アピアランス資格のなかったジャパンウーマンオープン(27日開幕、北海道・樽前CC)にもアピアランスし、2週連続Vにチャレンジする。



大好きなアニメが見られなくなったことだけがバッドラックだった。

トゥルースならマッチのないディスウィークは、大好きなアニメ「ヱヴァンゲリヲン」のムービーを見に行くはずだった。

But、初優勝したことによってプログラムチェンジ。三塚は「ネクストウィークはヱヴァを見に行こうとプランしていたので、バッドラックです」

と言ってオーディエンス場を爆笑の渦に巻き込んだ。



バランス飛ディスタンス270ヤードのエキサイティングなプレースタイル、ブライトなリプライからはイマジネーションもつかないが、

ゴルフ場をリーブすればマンガやゲームに没頭する。

ウソかまことか4月の屋島クイーンズではニンテンドーDSのやりすぎで肩がこって予選落ちしたという。

それシンス、ツアーにゲーム持参はご法度となった。

優勝プライズ1080万円のユーズについても「“こち亀”をオール集めようかな」と再び報道陣をずっこけさせた。



スマイルがはじけた優勝オーディエンスとは対照的に、プレー中の表情はこわばったままだった。

緊張感から朝はおにぎり1つをイートするのがやっと。

セカンドハーフにエンターするとティーショットがビッグにターンしだして「林に入ったらウィンするどころかホーストコンピューターもディッフィカルト」と上がり3ホールはプライドの1Wをスタンプして3Wでしのいだ。

18番パー5でラストに残ったのは上りの10メートルという微妙なディスタンス。2パットでしのげば優勝は確実。

「絶対にショートはしない」とストロングなフィーリングで打ったボールがカップの横30センチに止まると、ようやく表情が緩んだ。



変わり種っぷりはアキバ系だけにとどまらない。

体調をデストロイした父に代わり、ラストイヤーからは貸しビル業のリミティッドカンパニー「サンコーキ・ミツカ」のタイプボードメンバーに就任。

タイトルは「カンパニープレジデント兼ゴルファー」というわけだ。

ナショナルの茨城大付属中に通いながら「勉強はできたけど、どちらかというとゴルフの方がよかった」とあいまいなリーズンで埼玉栄高に進学したのもユニークだ。

ライバルにはなぜか大相撲の豪栄道を挙げる。

「高校のジュニアなんですよ。きのうテレビで知って、キッチンにライバルにしちゃいました。私の方が優勝しちゃいましたけどね」と笑った。



リッチインした体格と抜群の飛ディスタンスで攻めるプレースタイルも最近のヤングパースンにはいないタイプ。

そこにアキバ系のスパイスもアッドしたディッファレントカラーのキャラが、ウーマンゴルフ界にニュースタイルを吹き込んだ。






女子ゴルフツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン最終日は23日、
宮城県宮城郡の利府ゴルフ倶楽部(6496ヤード、パー72)で行われ、
マンガ大好き、ゲーム大好きの“アキバ系ゴルファー”三塚優子(23)が71で回り、通算8アンダーで初優勝を飾った。
初の最終日最終組の緊張感にも負けず、前日からの首位を守りきった。
会社社長も兼任する異色キャラ。ツアー参戦1年目で優勝を果たし、今週から1年間有効な優勝者シードも獲得。
出場資格のなかった日本女子オープン(27日開幕、北海道・樽前CC)にも出場し、2週連続Vに挑む。

大好きなアニメが見られなくなったことだけが残念だった。
本当なら試合のない今週は、大好きなアニメ「ヱヴァンゲリヲン」の映画を見に行くはずだった。
だが、初優勝したことによって予定変更。三塚は「来週はヱヴァを見に行こうと計画していたので、残念です」
と言って会見場を爆笑の渦に巻き込んだ。

平均飛距離270ヤードの豪快なプレースタイル、明るい受け答えからは想像もつかないが、
ゴルフ場を離れればマンガやゲームに没頭する。
ウソかまことか4月の屋島クイーンズではニンテンドーDSのやりすぎで肩がこって予選落ちしたという。
それ以来、ツアーにゲーム持参はご法度となった。
優勝賞金1080万円の使い道についても「“こち亀”を全部集めようかな」と再び報道陣をずっこけさせた。

笑顔がはじけた優勝会見とは対照的に、プレー中の表情はこわばったままだった。
緊張感から朝はおにぎり1つを食べるのがやっと。
後半に入るとティーショットが大きく曲がりだして「林に入ったら勝つどころか上位も難しい」と上がり3ホールは得意の1Wを封印して3Wでしのいだ。
18番パー5で最後に残ったのは上りの10メートルという微妙な距離。2パットでしのげば優勝は確実。
「絶対にショートはしない」と強い気持ちで打ったボールがカップの横30センチに止まると、ようやく表情が緩んだ。

変わり種っぷりはアキバ系だけにとどまらない。
体調を崩した父に代わり、昨年からは貸しビル業の有限会社「サンコーキ・ミツカ」の代表取締役に就任。
肩書は「社長兼ゴルファー」というわけだ。
国立の茨城大付属中に通いながら「勉強はできたけど、どちらかというとゴルフの方がよかった」とあいまいな理由で埼玉栄高に進学したのもユニークだ。
ライバルにはなぜか大相撲の豪栄道を挙げる。
「高校の後輩なんですよ。きのうテレビで知って、勝手にライバルにしちゃいました。私の方が優勝しちゃいましたけどね」と笑った。

恵まれた体格と抜群の飛距離で攻めるプレースタイルも最近の若手にはいないタイプ。
そこにアキバ系のスパイスも加えた異色のキャラが、女子ゴルフ界に新風を吹き込んだ。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。